全1540文字
PR

 JAXA(宇宙航空研究開発機構)と鹿島が共同で進める月面拠点の無人建設プロジェクトが一歩前進した。神奈川県のJAXA相模原キャンパスから1000キロメートル以上離れたJAXA種子島宇宙センターにある建設機械を操作し、実際の工事作業に成功したのだ。

月面探査のための拠点建設イメージ
月面探査のための拠点建設イメージ
(出所:鹿島)
[画像のクリックで拡大表示]

 JAXAと鹿島は2021年5月18日に「月面での建設機械の遠隔操作・自動運転を目指した遠隔施工実験の実施について」との発表で実験の詳細を明かした。両者は月面など宇宙上の探査で使う拠点を無人で建設する共同研究を進めている。

 月や火星に人が長期間滞在して探査するには、食事をしたり休息したりする生活の拠点が必要不可欠。ただし、この拠点建設のために地球から遠く離れた場所に多くの人が移動するのは現実的ではない。宇宙での探査をスムーズに進めるためには、この課題を解決する必要がある。

 鹿島はすでに土木工事の現場でブルドーザーなどの建設機械を無人で自律運転させ、人員をかけずに作業を遂行する「A4CSEL(クワッドアクセル)」というシステムを開発している。「土木をコードで書きかえろ。」というメッセージの採用サイトを設け、外部からデジタル人材を積極的に雇用するなど、同社の最重要プロジェクトの一つだ。

 すでに鹿島が秋田県東成瀬村で施工している成瀬ダムで導入するなど、A4CSELは実用段階に入っている。「自律運転というこのシステムの利点を生かし、宇宙でも適用する」(鹿島機械部の三浦悟自動化施工推進室長)というのがJAXAと鹿島の目的だ。

 この自律運転を支えるのが鹿島が独自でコードを書いて開発するアルゴリズムだ。今回の実験では1台で自律走行させたが、実際の現場で複数の建設機械がぶつかったりせずに素早く動き、すれ違う距離を最小にして稼働している。ムダな動きをなくすといった最適化を図るコードの記述に鹿島は力を入れている。