全2137文字
PR

 2021年6月、米Fastly(ファストリー)のCDN(コンテンツ・デリバリー・ネットワーク)で障害が発生し、世界中で多くのWebサイトがアクセスしにくくなった。日本でもメルカリや楽天市場、TVer、Paraviなどが影響を受けた。

 影響を受けたTVerは日経クロステックの取材に対し、「障害に対応できるよう、利用するSaaSにマルチCDNへの対応を要請した」(同社広報)と回答した。 マルチCDN対応とは何か、マルチCDNならCDNの障害に対応できるのか、詳しく見ていこう。

ユーザーのアクセスを分散するCDN

 マルチCDNを理解するために、まずはCDNサービスの仕組みを見ていく。CDNとはコンテンツ(データ)を効率的に配信するためのネットワークのことだ。通常は1台もしくは複数台のWebサーバーで分散してデータを提供しているが、CDNを利用するとサービス事業者が用意したキャッシュサーバー(図ではキャッシュ)がWebサーバーに代わってユーザーのアクセスに応答する。ユーザーがどのキャッシュにアクセスするかを決める振り分けのシステムにはDNS(ドメイン・ネーム・システム)サーバーが利用されることが多い。

 利用企業はオリジンと呼ばれるサーバーにデータを置く。キャッシュはユーザーからのリクエストを受け取ると、指定されたデータをオリジンから取得しそれをユーザーに送る。そして取得したデータをあらかじめ設定した時間だけ保存する。もし保存している時間中にそのデータのリクエストを受け取れば、キャッシュは保存しているデータをユーザーに送る。

CDN(コンテンツ・デリバリー・ネットワーク)の仕組み
CDN(コンテンツ・デリバリー・ネットワーク)の仕組み
出所:クロステック編集部で作成、以下同じ
[画像のクリックで拡大表示]

 CDNはこうしてオリジンへのアクセスを分散し、回線帯域が圧迫されたりオリジンの負荷が高くなりすぎたりするトラブルを防ぐ。キャッシュに保存するデータがヒットする率を高めたり、ユーザーをなるべく近くにあるキャッシュに振り分けたりするとレスポンスの向上にもつながる。