全1841文字
PR

 米Microsoft(マイクロソフト)は2021年8月2日から企業向けサービス「Windows 365」の提供を開始する。2021年7月14日(米国時間)に開催したオンラインカンファレンス「Microsoft Inspire 2021」で同サービス開始を発表した。

 同カンファレンスに登壇したマイクロソフトのサティア・ナデラCEO(最高経営責任者)は「Windows 365とクラウドPCという新たなカテゴリーを作る」と意気込んだ。Windowsを冠しながら、ソフトウエアではなく「クラウドPC」とうたうWindows 365はどんなサービスで何に使うのか。同社の狙いを探ると、新型コロナ感染拡大に伴う働き方に関係することが分かった。

Azureで動くWindowsをサービスとして提供

 Windows 365はWindows 10や2021年後半に提供予定のWindows 11の環境を仮想デスクトップサービスとして提供する。仮想デスクトップとは、サーバー上に仮想的に構築されたパソコンのデスクトップ環境を利用者の端末のディスプレーに表示し、利用者が操作できる仕組みだ。Windows 365では、WindowsをクラウドのMicrosoft Azure上で動かす。だから「クラウドPC」と呼ぶようだ。

Webブラウザーを使えば、どの端末からもWindows環境を表示できる
[画像のクリックで拡大表示]
Webブラウザーを使えば、どの端末からもWindows環境を表示できる
(出所:米Microsoft)

 このサービスでは、インターネットとパソコンやスマートフォンなどの端末さえあれば、自分のWindows環境をどこでも使えるようになる。端末は、Webブラウザーが動けば原則何でも使える。Webブラウザー内にWindows 365のデスクトップが表示され、そこで操作する。また、マイクロソフトはWindowsやmacOS、iOS、Androidなどで動く専用クライアントソフトも用意するとしている。

 またWindows 365の管理機能もセットで提供する。管理機能の「Microsoft Endpoint Manager」を使ってユーザーごとにディスクの使用量などを確認できる。各ユーザーの利用料金はリソースによって上下する。各ユーザーの使い方を分析し、CPU性能やディスク容量を適切に割り当てることで料金の無駄も省ける。

管理画面からユーザーごとの利用容量などを確認できる
[画像のクリックで拡大表示]
管理画面からユーザーごとの利用容量などを確認できる
(出所:米Microsoft)

 さらに、クラウドPCに特化したセキュリティーベースラインを適用でき、オプションとしてOSを自動で更新する機能も提供される。システム管理者の負担軽減につながる。