全3182文字
PR

 「マスバランスアプローチ(物質収支方式)」という手法が近年、化学業界で注目を集めている。植物由来の原料やリサイクル材などを使った環境配慮型製品を、より魅力的な形で販売できるためだ。例えば、実際は石油由来原料と植物由来原料を混ぜて造ったプラスチックでも、この手法を活用すれば一部を「100%植物由来」と見なせる。なぜそんなことが可能なのか――。

ドイツ化学大手のBASFがマスバランスアプローチを適用して造る樹脂を使用した食品包装材
ドイツ化学大手のBASFがマスバランスアプローチを適用して造る樹脂を使用した食品包装材
石油由来原料とバイオマス原料の両方を使っているが、第三者機関の認証を受け、一部の包装材を100%バイオマス由来と見なしている。欧州で使われている。(出所:BASFジャパン)
[画像のクリックで拡大表示]

 マスバランスアプローチは、ある特性を持つ原料の投入量に応じて、生産する製品の一部を「その特性を持つ原料(だけ)で生産した」と見なす手法だ。カカオ、パーム油、紙、電力など幅広い製品で活用されてきた。これらに共通するのは、環境などに配慮した原料を使った製品とそうでない製品を区別しづらい点だ。

 例えば、カカオ豆の中には労働者の人権や環境に配慮していると第三者機関が確認した認証カカオと、そうではない非認証カカオがある。どちらも「カカオ豆」としては同じなので、チョコレートなどに加工するサプライチェーンの中で交ざることが多い。認証カカオを使った製品を消費者に選んでもらわなければ、認証カカオの市場は拡大しない。そこで登場したのがマスバランスアプローチだ。

 同量の認証カカオと非認証カカオを混ぜてチョコレートを100枚生産したとしよう。実際には約50%の認証カカオを含んだチョコレートが100枚できる。しかしマスバランスアプローチを適用すると、50枚は認証カカオ100%、残り50枚は認証カカオを含まないチョコレートと見なせるのだ。消費者は「認証カカオ100%」と表記されたチョコレートを選ぶことで、認証カカオを後押しできる。