全2050文字
PR

 「クラウドPCを使うことで、デバイスからクラウドまで一貫したセキュリティーやIDの管理、設定ができる」。日本マイクロソフトの山本築マーケティング&オペレーションズ部門セキュリティビジネス本部プロダクトマーケティングマネージャーは、クラウドを基盤にWindowsを仮想デスクトップ環境で提供する「Windows 365」のコンセプトについて語った。

 米Microsoft(マイクロソフト)は2021年8月2日(米国時間)にWindows 365の一般提供を開始した。提供するエディションは2種類ある。300人以下の中小・中堅規模向けの「Windows 365 Business」とユーザー数の上限がない大企業向けの「Windows 365 Enterprise」だ。いずれもパブリッククラウドを介して仮想デスクトップサービスを提供するDaaS(Desktop as a Service)だが、マイクロソフトはWindows 365をSaaS(Software as a Service)として提供している。

Windows 365はなぜSaaSなのか

 マイクロソフトがWindows 365で提供するのはエンドユーザー向けの仮想デスクトップ機能だけではない。企業のシステム管理者が使える管理ツールとセットで提供する点が大きな特徴だ。一般的な仮想デスクトップ(VDI)サービスの場合、企業のシステム管理者が環境構築や端末の設定をする必要がある。

 例えばマイクロソフトが既に提供しているAzure Virtual Desktopを利用する場合、まずシステム管理者はマイクロソフトのクラウドサービスであるAzure上にVDIの環境を構築し、そのうえで管理コンソールを設定する。

 一方Windows 365は「仮想化に関する部分の管理コンソールを全てマイクロソフトが管理している」(山本プロダクトマーケティングマネージャー)。そのためユーザーは管理コンソールの設定をする必要がなく、Windows 365のライセンスを購入すればすぐに使える。