全1240文字
PR

 フォルクスワーゲングループジャパン(VGJ)が2021年7月28日に国内販売した新型「ゴルフヴァリアント」。小型ハッチバック「ゴルフ」を基にホイールベースを延ばし、室内空間を広げた。2車種でホイールベースを変えたのは「初めて」(同社)。荷室の広さと走りの良さを両立するワゴンの価値を高めて「残存者利益」を享受する。

ゴルフヴァリアント
ゴルフヴァリアント
2021年8月に開催した試乗会での走りは、新型ゴルフをほぼそのまま受け継ぐ印象だ(撮影:日経クロステック)
[画像のクリックで拡大表示]

 全長は4640mm、ホイールベースは2670mmで、先代ゴルフヴァリアントに比べてそれぞれ65mm、35mm大きくした。後席空間や荷室容量を大きくするのが狙いで、ワゴンとしての利便性を高めた。荷室容量は先代比6L増の611L(VDA方式)、後席を倒したときの積載量は22L増の1642L(同)に達する。

横から(撮影:日経クロステック)
横から(撮影:日経クロステック)
[画像のクリックで拡大表示]

 一方で全高は先代と同じ1485mmに抑えている。全高の高いミニバンやSUV(多目的スポーツ車)に比べて、走行性能の高さを訴求しやすい。しかも全幅は1790mmと先代に比べて10mm短くしており、狭い日本の道路で扱いやすくしている。