全5701文字
PR
高齢化社会で重要性が高まりつつも人手不足に悩まされている介護現場。
その課題解決の一翼を担うのが介護ロボットだ。
ところが、普及に伴い介護ロボットの事故も顕在化してきた。
国内での発生件数は、年間100件程度と推定できる。
実態調査から明らかになった事故やヒヤリハットの事例を解説する。
図1 装着型の移乗介助機器での事例
図1 装着型の移乗介助機器での事例
介護者が身体に装着するパワーアシストスーツ型の機器も普及が進み始めている。ポケットに構内連絡用の端末装置などを入れたまま装着しないよう、個人の注意に頼るよりもルールを定めるのが望ましい。(出所:三菱総研「介護ロボットを安全に使うためのポイント集」)
[画像のクリックで拡大表示]

 介護ロボット*1は、官民挙げての開発と先進的な介護施設への導入が急ピッチで進んでいる。慢性的な人手不足に悩む介護現場の負担軽減とサービスの質の向上を図るためだ。しかし、介護ロボットの利用ノウハウはまだ十分に蓄積された状況にはなく、続々と登場する新たなタイプの多様な機器を安全に使いこなすのは簡単ではない。

 そこで三菱総合研究所(三菱総研)は、介護ロボット利用の実態調査と分析を実施*2。介護ロボットを使用中の事故や、事故につながりかねない「ヒヤリハット」の事例などをまとめた「介護ロボットを安全に使うためのポイント集」を調査報告書と同時に発行した1、2)

 実態調査で「事故(利用者の受診が必要な事象)が過去1年以内にあったか」を聞いたところ、調査に回答した639施設中の29施設(4.5%)が「あった」と回答*3、4。「受診に至らないがヒヤリハット事例があった」とした施設は89施設(13.9%)だった。

 三菱総研は調査に回答した施設のうち、介護ロボット活用のための委員会を月に1回以上開催しているとした115施設の中から、6施設に対して聞き取り調査を実施。以下では、そこで判明した、事故やヒヤリハットの具体例を紹介する。

*1 経済産業省と厚生労働省は「情報の感知(センサー系)」「判断(知能・制御系)」「動作する(駆動系)」の3つの要素技術(ロボット技術)の応用により、「利用者(被介護者)の自立支援や介護者の負担の軽減に役立つ介護機器」を「介護ロボット」としている。
*2 厚生労働省「老人保健健康増進等事業」の補助を受けた「介護ロボットの効果実証に関する調査研究事業(2020年度)」で、三菱総合研究所が介護事業所や介護ロボットのメーカーに対してアンケートやヒアリングでの調査などを実施した。アンケート調査期間は2020年10月30日~同年11月20日、1517の介護事業所(地域医療介護総合確保基金などの実績などから介護ロボットの導入を把握できた施設全部)と69のメーカーに発送し、それぞれ639件、23件の回答を得ている。
*3 ここでは、介護を受ける人を「利用者」、介護・介助を提供する人を「介護者」と記述する。
*4 事故があったと回答した29施設のうち、発生件数を回答した25施設での平均は2.88件。単純に掛け算すると72件になり、発生件数を回答しなかった施設や、調査全体の回答率を勘案すると国内全体では大まかに年間100件程度の規模と推定できる。ヒヤリハット事例は、あったと回答した89施設のうち、発生件数を回答した76施設での平均は4.86件。

 介護ロボットと一口に言ってもさまざまな種類がある(別掲記事参照)。物理的な動作機構を伴う介護ロボットとして普及が進んでいるのは、身体の動きが不自由な利用者をベッドから車いすへ移乗させるといった際に使う移乗介助の機器。利用者の状態を検知把握する見守り機器も介護ロボットの一種といえ、移乗介助の機器以上に普及が進んでいる*5。聞き取り調査でも、これらの移乗介助機器と見守り機器についての具体例が多く集まった(表1)。

表1 代表的な介護ロボットである移乗介助機器、見守り機器の事故・ヒヤリハット事例の一覧
三菱総研が施設へのヒアリングにより調査した。(出所:三菱総研「介護ロボットを安全に使うためのポイント集」)
介護ロボットの種類事例の概要
移乗介助(装着型)ベルトのバンドが緩んだ状態で移乗介助したため、利用者と一緒にバランスを崩しそうになった
ポケットにPHS を入れていたが、機器のバンドで固定されていたため、ズボンのポケットからPHS を取り出せず、着信時に対応できなかった
移乗介助(非装着型)機器を押して移動していたところ、利用者の足先を入り口のドアにぶつけてしまった
機器に利用者を乗せたところでナースコールが鳴ったため、他の利用者の対応をして戻ってきたところ、利用者が不穏(興奮・混乱のある状態)になっていた
ベッドから抱きあげ離床するとき、利用者のでん部(尻)がベッドに擦れてしまった
移乗中に機器をベッドから離す際、機器の脚を介護者の足指にぶつけてしまった
見守り(施設)機器の電源が切れており、利用者の行動を把握できなかった
別の利用者対応をするため部屋を離れた後、利用者がベッド横で倒れていた
ベッド昇降操作時に製品のコードが過度に引っ張られ、コードが断線した
見守り機器使用中、利用者が不穏になり、ケーブルが破損した
見守り機器の通知で訪室したが、バランスを崩し転倒していた
介助中に端末音量ボタンが押されて、通知が聞こえない状態となっており、ベッド横に転落しているのを発見した
見守り(在宅)訪問介護が来た際に職員がセンサーの電源をOFFにしたが、終了時に電源を入れ忘れて、センサーが作動しなかった
*5 介護ロボットの普及状況についての調査は少ないが、「介護ロボットの効果実証に関する調査研究事業」での調査(2018年10月)では、「介護ロボットを導入している」とした事業所(1262件)が挙げた上位の3つは見守り機器(70.8%)、移乗介助(装着型)(19.4%)、移乗介助(非装着型)(9.7%)だった。