全1130文字
PR

 みずほフィナンシャルグループ(FG)は2021年8月20日、傘下のみずほ銀行とみずほ信託銀行で8月19日から20日に起こったシステム障害に関し、都内で記者会見を開いた。障害の原因は、営業店や行内端末と勘定系システムをつなぐ「業務チャネル統合基盤」のデータベース(DB)サーバーのハードウエア故障にあった。

関連記事: みずほ銀行でシステム障害、全463店舗で取引できず

 みずほFGによると、業務チャネル統合基盤のDBサーバーが故障したのは8月19日午後8時57分。詳細な原因は調査中だが、「かなり複雑な壊れ方をした。冗長構成のバックアップ機器への切り替えは機能したが、(バックアップ機器に)故障が波及したようにみえる」(みずほFGの石井哲執行役デジタルイノベーション担当役員兼IT・システムグループ長兼事務グループ長)。

 結果的に復旧作業に時間がかかり、翌20日の営業開始に間に合わず、全463店舗で店頭における取引を受け付け・処理できなくなった。同日午前9時45分に融資や外為の一部を除いて店頭での取引の受け付けを再開し、午前11時58分にシステムが全面復旧した。

関連記事 みずほ銀行システム障害、一部取引を除いて再開

業務チャネル統合基盤は富士通が担当

 業務チャネル統合基盤は新勘定系システム「MINORI」への移行に歩調を合わせる形で導入した。担当ベンダーは富士通で、同社のLinuxサーバー上で動作する。今回のシステム障害に関し、富士通は「お客様のシステムのことについては回答を控える」(広報IR室)とコメントした。

みずほフィナンシャルグループにおけるシステム構成の全体像
みずほフィナンシャルグループにおけるシステム構成の全体像
(出所:みずほフィナンシャルグループの資料などを基に日経クロステック作成)
[画像のクリックで拡大表示]