全1757文字
PR

埼玉県でも新設を検討

JVによるDCの新設計画は。

 当社は2019年に大阪京阪奈データセンターの新設を発表しましたが、今回のJVではこのDCも投資対象になりました。2021年9月1日に着工して、2023年第1四半期のローンチを予定しています。また印西データセンターは現在3棟ありますが、JVで4棟目を新設する計画です。2024年第1四半期のローンチを考えています。

 さらに東京エリアでは、埼玉県での新設も検討しています。まもなく土地を取得して、これから詳細な開発計画を詰めていくことになります。なお大阪エリアは、まとまった土地を見つけるのがなかなか難しいですが、良い土地があれば今後も検討を進めていく考えです。

日本市場をどう見ていますか。

 日本はDCの大きな需要があります。また、成長のポテンシャルも大きい。日本は欧米に比べてクラウドへの移行が遅れていましたが、最近では新型コロナウイルスなどの影響で移行が急速に進み始めています。これに伴いハイパースケール関連の動きも活発化しています。グローバルにおいてもAPAC(アジア太平洋地域)においても、非常に高い成長率が期待できると考えています。