全1257文字
PR

 スズキが2021年9月10日に発売するワゴンタイプの軽自動車「ワゴンRスマイル」は、標準搭載する先進運転支援システム(ADAS)「スズキセーフティサポート」用センサーとしてステレオカメラを採用した。

 今回の新型車は「ワゴンR」をベースに開発した。現行ワゴンRはADASセンサーとして単眼カメラとレーザーレーダーの一体型ユニットを使うが、新型車はステレオカメラを選択した。ADASの主要機能である自動ブレーキを、夜間歩行者に対応させるのが主な狙いである(図1)。

ワゴンRスマイル
図1 スズキの新型車「ワゴンRスマイル」
(写真:スズキ)
[画像のクリックで拡大表示]

 新型車に搭載したステレオカメラは、日立Astemo(アステモ)の最新製品である。スズキの車両では小型車「ソリオ」のほかに、軽自動車の「ハスラー」や「スペーシア」、「エブリイワゴン」、軽商用車の「エブリイ」、軽トラックの「キャリイ」などに採用されている製品と同じだ(図2)。

ステレオカメラ
図2 夜間歩行者に対応するステレオカメラ
(写真:スズキ)
[画像のクリックで拡大表示]

 日立アステモの最新ステレオカメラは、夜間の検知性能を高めながらコストを従来品から据え置き、50%超の小型軽量化を実現したのが特長である。また、搭載車種を増やすことによる規模のメリットによって、車両価格が安い軽自動車にも搭載しやすくした。

 一方、現行ワゴンRに搭載する一体型ユニットは、ドイツContinental(コンチネンタル)製。同ユニットを使う自動ブレーキは昼間の車両や歩行者には対応するが、夜間歩行者には対応していなかった。

 スズキはここ数年、車両の全面改良などに合わせて、自動ブレーキを夜間歩行者に対応させるために、日立アステモのステレオカメラを採用してきた。今回の新型車もこうした方針に従って、同社の最新カメラを採用した。