全982文字

 ホンダは2021年9月8日、自動運転「レベル4」車両によるモビリティーサービスの20年代半ばの事業化を見据え、技術実証を同月中に開始することを発表した。同サービスは、ホンダが米General Motors(ゼネラル・モーターズ、GM)とGM子会社でホンダも出資する米GM Cruise(GMクルーズ)と共同で日本での展開を狙うもの。GMクルーズの自動運転車両「Cruise Origin(クルーズオリジン)」を使ってのサービスを念頭に置く(図1)。

図1 GMクルーズの自動運転車両「クルーズオリジン」
図1 GMクルーズの自動運転車両「クルーズオリジン」
(出所:ホンダ)
[画像のクリックで拡大表示]

 技術実証は、栃木県宇都宮市・芳賀町でGMクルーズと共同で実施する。まず、地図作成車両を1台用いて対象エリアの高精度地図を作成する(図2)。その後、GMクルーズの自動運転車両「クルーズAV」を使って、「ホンダの施設の中で十分に安全性を確認」(同社)した上で対象エリアの公道を走行する技術実証に入る(図3)。また、栃木県のホンダ施設内に実証拠点を新設する。

図2 技術実証に用いる地図作成車両
図2 技術実証に用いる地図作成車両
(出所:ホンダ)
[画像のクリックで拡大表示]
図3 GMクルーズの自動運転車両「クルーズAV」
図3 GMクルーズの自動運転車両「クルーズAV」
(出所:ホンダ)
[画像のクリックで拡大表示]

 公道走行を通じて、日本の交通環境や関連法令などに合わせた自動運転技術を開発・検証する。GMクルーズは、20年に米国カリフォルニア州において年間120万km超の自動運転による公道走行を行っており、北米での交通環境や関連法令などに合わせた自動運転技術の開発・検証を推進してきた。日本でもそうした技術の適合を実施していく。公道走行の際には、いざというときに運転を交代する要員、および周辺の安全を監視しながら走行の安全を守る要因の2人を乗車させる。