全1622文字
PR

 「今回のような専用線接続サービスの障害では、ユーザーが講じられる決定的な対策はない」。Amazon Web Services(AWS)の東京リージョンで2021年9月2日に起きた専用線接続サービス「AWS Direct Connect」の障害について、AWSの最上位パートナーの1社であるサーバーワークスの佐竹陽一営業部カスタマーサクセス課ソリューションアーキテクトはこう指摘する。それでも「検討したい2つの対策がある」(佐竹ソリューションアーキテクト)という。

米Amazon Web Services(AWS)が公式サイトで公表した文書
米Amazon Web Services(AWS)が公式サイトで公表した文書
(出所:米Amazon Web Services)
[画像のクリックで拡大表示]

Direct Connectを構成するデバイスに障害が発生した

 ユーザーがオンプレミス(自社所有)環境からAWSのクラウドに接続する方法には、Direct Connectを使った専用線接続、VPN(Virtual Private Network)での接続、インターネットを介した接続がある。今回の障害は、このうちDirect Connectを使った専用線接続で発生した。AWSの東京リージョンのDirect Connectを構成するデバイスの一部に障害が発生し、2021年9月2日午前7時30分から同日午後1時42分までの間、断続的な通信障害が起きた。

 AWSのユーザーは、Direct Connectによって専用線を2本敷設しネットワークを冗長化しているケースが多い。しかし今回は東京リージョンのDirect Connectの機器が障害を起こしたため、ネットワークの冗長化では対処できなかったという。