全1543文字
PR

 日立製作所と日立Astemo(日立アステモ、東京・千代田)は2021年9月30日、電気自動車(EV)向けの小型軽量インホイールモーター(IWM)を開発したと発表した。モーターの構造を見直したほか、モーターとインバーター、ブレーキを一体化したことなどで小型軽量化し、2.5kW/kgという世界最高水準の出力密度を実現したのが最大の特長である。

 また、従来のモーターに比べて走行時のエネルギー損失が約30%減り、EVの航続距離を10~20%伸ばせるという。両社は今後、開発したIWMを用いた車両制御システムを実験車に搭載し、国内のテストコースで実証実験を行う。同実験を通じて実用性を検証し、国内外の自動車メーカーへの早期の採用を目指す(図1、2)。

新開発のインホイールモーター
図1 新開発のインホイールモーター(IWM)
(出所:日立製作所)
[画像のクリックで拡大表示]
IWM を搭載したEVのモックアップ
図2 IWM を搭載したEVのモックアップ
(出所:日立製作所)
[画像のクリックで拡大表示]

SUVへの搭載を想定

 日立と日立アステモは今回のIWMを、中型以上のSUV(多目的スポーツ車)への搭載を想定して開発した。そのため同モーターの寸法を、19インチのホイール内に納まる大きさとした。ただ、IWMは中型以上のSUVだけでなく、小型車や軽自動車への搭載も期待できる。

 この点について、日立研究開発グループ電動化イノベーションセンタでモビリティドライブ研究部部長を務める高橋暁史氏は、「今後さらに小型化を進め、シティーコミューターを含む小型車にも搭載できるようにする」と言う。小型車に搭載するには、コストをどこまで下げられるかが鍵になる。