全2315文字
PR

 「ユーザー数が8倍以上に急増した」――。トヨタ自動車が2021年1月に開始した仮想人体モデル「THUMS(サムス)」の無償公開後の状況について、同社モビリティ性能開発部統合技術室グループ長の松田貴男氏はこう明かす。無償公開後に800を超えた。ユーザー数の増加は安全研究の推進につながり、THUMSの改良スピードも加速できる。勢力拡大で仮想人体モデルのデファクトスタンダード(事実上の標準)を狙う。

トヨタ自動車の仮想人体モデル「THUMS(サムス)」の事故シミュレーション例
トヨタ自動車の仮想人体モデル「THUMS(サムス)」の事故シミュレーション例
(出所:トヨタ自動車)
[画像のクリックで拡大表示]

 THUMSは、トヨタと豊田中央研究所(愛知県長久手市)が2000年に共同開発した当時「世界初」(トヨタ)の仮想人体モデルで、人間のコンピューター断層撮影装置(CT)スキャン画像を基に生成している。

 自動車業界で広く普及する衝撃・構造解析ソフトウエア「LS-DYNA」上で使用できる。繰り返しの衝突試験に耐えられる頑丈なダミー人形に対して、仮想人体モデルは実際の人間に近い脆弱な特性を設定できる点が強みだ。細かい衝突条件の設定も簡単にできる。

 THUMSは世代を追うごとに対象部位を増やしながら解析の信頼性を高めてきた。2000年に投入した「Version 1」は骨折までしか予測できなかったが、現行型の「Version 6」では、筋肉や内臓の精密なモデル化によって、死亡に直結するような脳傷害や内臓損傷などを高精度で予測できるという。

デファクトスタンダードへ

 トヨタのTHUMSは、米国自動車メーカーが中心となって開発した仮想人体モデル「GHBMC」と長らく世界シェアを二分してきた。ドイツ勢のVolkswagen(フォルクスワーゲン、VW)、Daimler(ダイムラー)、BMWなどはトヨタのTHUMSを利用しているため、世界シェアでは拮抗状態にあったといえる。

 トヨタは仮想人体モデルについて「協調領域」と位置付けているが、無償公開によるユーザー拡大の真の狙いはデファクトスタンダード化にある。

 既に、より多くの企業や研究機関での利用を促す活動を進めている。例えば、車両の衝突テストに替えて部分的にシミュレーションを導入するという議論が世界で進むのに合わせて、代表的な自動車アセスメントプログラム「NCAP」でTHUMSを共通利用できるように働きかけている。

 THUMSにも調整を加え、世界の各地域の基準ごとにモデルを改良しやすくしたり、ユーザー間でモデルを共用しやすくしたりした。

 「トヨタ単体で世界中のアセスメントに適合した人体モデルをつくり込むのは大変な作業になる。世界中の企業を巻き込んで改良を進めていきたい」――。トヨタ モビリティ性能開発部統合技術室チーフプロフェッショナルエンジニアの北川裕一氏はこう意気込む。

 今後、THUMSの勢力拡大を左右するのが中国勢の存在だ。世界最大の自動車市場である中国は、新興の電気自動車(EV)メーカーが急速に乱立。こうした企業が無償公開になったTHUMSを積極的に活用し始めている。実際、8倍以上に膨らんだ利用企業や研究機関の多くは中国勢とみられる。中国における豊富な利用データの蓄積は、THUMSでデファクトスタンダードを目指すトヨタの大きな武器になる。