全1592文字
PR

 スズキは、スライドドアを採用した新型の軽自動車「ワゴンRスマイル」を2021年9月に発売した。同社の調査では、「ワゴンR」に乗っているユーザーの4割が、「次はワゴンRと同じ全高のスライドドア車に乗りたい」と答えたという。

 なぜ、今スライドドア車が人気なのか。同社四輪商品第一部アシスタントCE課長代理の新美大輔氏は、「一度スライドドア車を経験すると、その便利さから、なかなかヒンジドア車に戻れないのではないか」と分析する。例えば、ワゴンRのほかに、もう1台スライドドア車を保有するユーザーなどが当てはまる。

スズキ四輪商品第一部アシスタントCE課長代理の新美大輔氏
スズキ四輪商品第一部アシスタントCE課長代理の新美大輔氏
(撮影:日経Automotive)
[画像のクリックで拡大表示]

 「生まれた時からスライドドアに慣れ親しんできた人も多い」(同氏)という。親が運転するスライドドア車の便利さを経験した子供が、成長して自らクルマを購入するといった場合だ。ヒンジドア車の場合、狭い駐車場では子供が乗り降りする際に、隣のクルマにドアをぶつけやすい。強風の際には、風の力でヒンジドアが勢いよく開くこともある。そうした心配が少ないスライドドア車は、以前からファミリー層に人気があった。

 その一方で、「スライドドア車にすれば売れるとは限らない」(同氏)という。スズキにはスライドドアの軽乗用車として「スペーシア」がある。スペーシアがファミリー層向けなのに対し、ワゴンRスマイルは個性を大事にするパーソナルユース向けと位置づける。このため、車両骨格やフロントシートなどはスペーシアの技術をベースとしながらも、全高を抑えたルーフラインはワゴンRを踏襲しており、ワゴンRとスペーシアの中間を意識したと話す。

スライドドアを採用したスズキ「ワゴンRスマイル」
スライドドアを採用したスズキ「ワゴンRスマイル」
(撮影:日経Automotive)
[画像のクリックで拡大表示]

 ワゴンRは“手ごろな価格”も売りのため、ワゴンRスマイルでも、あえてマイルドハイブリッドなしの仕様を用意するなど、購入の敷居を下げた。スライドドアを採用しながら、センターピラーをなくして開口部を広くする構造にしなかったのも、「実利を優先したため」(同氏)とする。センターピラーをなくすと、ドアに垂直の補強や、固定用の機構を入れる必要があり、コストが高くなるという。

センターピラーがあるスライドドアを採用
センターピラーがあるスライドドアを採用
(撮影:日経Automotive)
[画像のクリックで拡大表示]

 内装も、スペーシアほどの豊富な収納機能は持たせず、必要最小限に抑えることでコストを抑制しつつ、スタイリッシュなカラーや装飾を生かした。9インチのタッチスクリーンを持つインフォテインメント(車載情報システム)は「ハスラー」や「ソリオ」に採用したものを流用する。対向車とすれ違う際に運転者がカメラの映像を確認できる「すれ違い支援機能」をスズキとして初めて搭載したのは、運転に不慣れな若年層を念頭に置いた提案だという。