全1221文字
PR

「部品・材料不足」に75.1%が直面。そのうち64.2%が納期を遅らせている─。日経ものづくりが2021年9月に実施したアンケート調査でこんな結果が出た。部品・材料不足に直面する企業のうち「既に部品・材料不足の防止策に取り組んでいる」との回答は6割弱。部品の在庫を以前より多く確保したり、国内で部品の入手ルートを拡充したり、サプライチェーンの維持・確保に躍起になっている様子が浮き彫りになった。

Q1 製品に必要な部品や材料が不足する状況に直面しているか

[画像のクリックで拡大表示]

回答者の7割超が「部品・材料不足に直面している」と回答。「過去に直面した」と合わせると、部品・材料不足に直面した経験がある回答者は9割弱に及ぶ。日本の製造業が脆弱なサプライチェーンに悩まされていると分かる。