全1141文字
PR

 OKIは2021年10月14日、車両、船舶、ロボットなどの移動体の周囲を遠隔から画像で監視するシステム「フライングビュー」を発売した。移動体に魚眼レンズ付きカメラ4台を設置し、それぞれから得られた画像を合成して周囲360度を任意の視点から見られる形〔俯瞰(ふかん)合成画像〕にリアルタイムで合成する。遠隔監視の担当者から見やすい画像の生成に加えて、人工知能(AI)による人や他の車両、物体などの検知機能を組み合わせた。「遠隔による異常監視にとどまらず、自動運転バスなどのサービス運用に利用できる」(OKIソリューションシステム事業本部DX事業推進センター長の浜口雅春氏)と見込んでいる。

 俯瞰合成画像を見る際には、どの方向から表示するかを遠隔監視担当者が指定する。移動体の周囲と背景を、移動体の外から眺めるような表示になる(図1)。実際には、元の画像に移動体自身は写っていないため、必要に応じて移動体の3次元CGを合成。元は周囲に人がいないかどうかなどを担当者が見やすい画像にする技術だったが、AIと組み合わせて事故やトラブルの予兆をなるべく漏れなく検知できるようにした。カメラは現在のところ4台まで使える(図2)。

図1 ふかん合成画像の例
図1 ふかん合成画像の例
中心に見えるバスは3次元CG。移動体に備えたカメラから撮影しているため、本来移動体自身は写っていない。(OKIによるディスプレー表示を撮影)
[画像のクリックで拡大表示]
図2 ふかん合成画像にする前のカメラ個別の画像
図2 ふかん合成画像にする前のカメラ個別の画像
それぞれ魚眼レンズを備えたカメラで周囲を広くカバーする。(OKIによるディスプレー表示を撮影)
[画像のクリックで拡大表示]

 俯瞰合成画像にする処理はFPGA(Field-Programmable Gate Array)により実行。このFPGAにAIの処理を担う「AIエッジプラットフォーム」を組み合わせて専用ハードウエア「フライングビュー装置」としている(図3)。移動体にフライングビュー装置を搭載しておいて、カメラから得た画像をその場で俯瞰合成画像にし、さらにAIによる人や物体の検知、指定された視点からの表示までを実行する(図4)。得られた画像は無線LANやLTE経由で遠隔地のコンピューターに配信する仕組みだ。

図3 画像処理用のFPGAとAI処理部を備えた専用ハード(フライングビュー装置)
図3 画像処理用のFPGAとAI処理部を備えた専用ハード(フライングビュー装置)
右手前に4つあるのがカメラ。(出所:日経クロステック)
[画像のクリックで拡大表示]
図4 AIによる人物の検出
図4 AIによる人物の検出
カラーで検出結果を表示しているため、人物が極彩色に見える。骨格を認識しているという。(OKIによるディスプレー表示を撮影)
[画像のクリックで拡大表示]