全2137文字
PR

 鹿島と日立製作所などは2021年10月21日、新型コロナウイルス感染症のワクチン接種履歴と検査結果を、指静脈による生体認証で確認する実証実験を始めたと発表した。特徴的なのが、個人情報保護に配慮したシステムと運用である。ただ、実現には課題も残る。

指をかざして本人認証し、結果を表示

 実証実験を実施したのは、鹿島と日立製作所、臨床検査関連会社であるH.U.グループホールディングス(GHD)、九州大学、電通である。2021年9月27日から10月6日に鹿島の「赤坂Kタワー」で、施設の入室時に指静脈をかざすことでワクチン接種や検査の状況を確認する。

 約100人のフロアで、希望者約25人が実験に参加した。利用者はあらかじめ、2種類の事前準備を行った。1つは、H.U.GHDのパーソナルヘルスレコード(PHR)向けスマートフォンアプリである「ウィズウェルネス」への登録である。

 ワクチン接種済みの場合は「接種日」「ワクチンのメーカー」「接種場所」を手入力したうえで、ワクチン接種済み証の写真を撮影しアップロードする。ワクチン未接種の場合は唾液を採取し、H.U.GHDが抗原定量検査とPCR検査を実施する。検査結果は、医療機関が利用する同社の診療業務支援システム「医's アシスト」にオンラインで送信され、提携する九州大学病院の医師が結果を判定する。判定結果は同システムから利用者のウィズウェルネスに送信される。

 もう1つの事前準備は利用者の指静脈情報の登録である。本人確認・認証に、利用者の指静脈の情報を利用するためだ。日立製作所の非接触型指静脈認証装置を使って登録し、利用者のウィズウェルネスとデータ連携する。

 これらの事前準備のうえで、入室時に指静脈認証装置に指をかざすことで、ウィズウェルネスに登録したデータを読み出し、その結果を装置と連係したタブレット端末の画面に表示する。

指をかざすと本人認証し、タブレット端末の画面に判定結果が表示される
指をかざすと本人認証し、タブレット端末の画面に判定結果が表示される
出所:鹿島など
[画像のクリックで拡大表示]