全1251文字
PR

 トヨタ自動車は2022年の年央に発売する電気自動車(EV)「bZ4X」に、新しい暖房技術「輻射(ふくしゃ)ヒーター」を初採用する(図1)。目的は、冬場の暖房による消費電力を削減すること。EVは暖房を使用すると航続距離が激減しがち。この課題に対処するため、トヨタは輻射ヒーターを新規に開発したという。

図1 トヨタ自動車の新型EV「bZ4X」の内装
図1 トヨタ自動車の新型EV「bZ4X」の内装
前席乗員の足元を温める「輻射ヒーター」を、トヨタとして初めて採用した。(画像:トヨタ自動車)
[画像のクリックで拡大表示]

 「(暖房を使わない)春や秋に比べて冬は、航続距離がカタログ値と実績値で乖離する。では、ユーザーに迷惑を掛けないのはどれくらいか。数値は言えないが、冬場の乖離率(カタログ値と実績値のずれ)の目標を設定して開発してきた」。こう明かすのは、トヨタでEV開発を主導する豊島浩二氏(トヨタZEVファクトリー チーフエンジニア)である。

 エンジンのような熱源を持たないEVにとって、冬場の暖房性能と航続距離の両立は大きな課題となる。bZ4Xの開発責任者を務めた井戸大介氏(トヨタZEVファクトリーZEV B&D Lab主査)によると、「走る以外のエネルギー消費をできるだけ小さくする工夫をしてきた」という。

 こうした問題意識や開発方針のもと、トヨタがbZ4Xの暖房でキーワードとしたのが「直接空調」である。クルマの暖房は、車室内全体を暖めるのが常識。一方の直接空調は、「乗員を直接的に速く温める」(井戸氏)機能である。具体的には、シートヒーターやステアリングヒーター、そして輻射ヒーターで、乗員がいるところだけを温める(図2)。

図2 3つのヒーターで乗員を直接温める
図2 3つのヒーターで乗員を直接温める
各ヒーターの搭載位置は、日経Automotiveの推定。(画像:トヨタ自動車)
[画像のクリックで拡大表示]

 では、トヨタが今回初めて採用する輻射ヒーターとはどのようなものか。