全2058文字
PR

 日本マクドナルドが約20年ぶりとなる人事システムの刷新に乗り出している。日経クロステックの取材で2021年11月までに分かった。長年使い続け複雑化したレガシーシステムからの脱却を進め、従業員の情報を一元管理できる環境を整え、同社が力を注ぐ人材育成に生かす方針だ。

日本マクドナルドは約20年ぶりとなる人事システムの刷新を進め、人材育成に力を注ぐ
日本マクドナルドは約20年ぶりとなる人事システムの刷新を進め、人材育成に力を注ぐ
(出所:日本マクドナルド)
[画像のクリックで拡大表示]

マクドナルドはハンバーガーを売っている「ピープルビジネス」

 「マクドナルドはハンバーガービジネスではない、ハンバーガーを売っている『ピープルビジネス』だ」――。マクドナルドの創業者レイ・クロック氏の言葉が表すように、マクドナルドの強さの源泉は人にある。

 「当社はとことん『人』に注力している会社。人の力をどう生かすかを考え、社員やクルー(アルバイト)に活躍してもらう。それが顧客へのサービス向上につながり、結果的に売り上げ拡大につながる」。日本マクドナルド人事本部NRSO HR部の井村匡宏部長はこう話す。

 人材育成のための「ハンバーガー大学」など、ユニークな施策で従業員の教育に力を注いできた日本マクドナルド。一方で、それを支えるシステムについては徐々にレガシー化する課題を抱えていたという。

 「社内制度の変更対応などでシステムを開発したり、改修したりしていたためどうしても複雑化していた。見たいデータをすぐ見られなかったり、最新のデータでなかったりした。これからも人を生かしていく上でシステム面が足かせになってはならない。きちんと人事システムに投資をすべきだという会社の判断があった」(井村部長)

 同社は現在、約20年ぶりとなる人事システムの刷新に取り組んでいる。詳細な投資額やシステムの仕様は非公表だが、オンプレミスの「Oracle E-Business Suite(EBS)」をクラウドの「Oracle Cloud HCM」に刷新する。2019年に刷新プロジェクトを始動し、2020年に開発を開始。2021年4月に社員向けの人事システムの刷新を完了した。2023年にはクルー向けなど、フランチャイズを含めた人事システムの刷新も完了する計画という。