全1634文字
PR

 データウエアハウス(DWH)のクラウド大手である米Snowflake(スノーフレイク)は2021年11月16日(現地時間)、機能の強化を発表した。中でも売りとしているのが、DWHのデータを使うアプリケーションをPythonで開発できるようにしたことだ。Pythonの利用が多い人工知能(AI)のシステムなどの開発者を味方につけ、売り上げや顧客の増加を狙う。

 スノーフレイクはクラウドネーティブをうたうDWHサービスを展開する。データを格納するストレージと処理するサーバーの機能を分離し、それぞれをクラウドらしく自在に拡縮できるようにしている。今回の機能強化の目玉であるPython対応の効果について、同社のクリスチャン・クレイナマン製品担当シニアバイスプレジデントは「顧客がアプリを開発しやすくする」とオンライン会見で語った。

SQL言語の代わりにPythonを使用

 DWHクラウド「Snowflake」のデータを活用したアプリを顧客が開発するのを支援するため、スノーフレイクは「Snowpark」と呼ぶ開発フレームワークを用意する。SnowparkはDWHで一般的なSQL言語の代わりに、ほかの開発言語でデータを扱えるようにする変換機能を備える。従来はJavaやScalaに対応していたが、新たにPythonを使えるようにした。

 同フレームワークを活用することで、Pythonを利用する開発者はSQLを記述する手間なくDWHのデータを使ったアプリを開発できる。使い慣れた言語だけで開発できるため、開発スピードの向上が見込めるという。

 スノーフレイクがPythonに対応する狙いは、開発者を味方につけることだ。IaaSやDWHを含むPaaSなど基盤貸しのクラウドサービスでは、いかに開発者を味方につけるかが顧客獲得の鍵を握るからだ。

 このため米Amazon Web Services(アマゾン・ウェブ・サービス)や米Microsoft(マイクロソフト)、米Google(グーグル)といったクラウド大手も、開発者を味方につける策に力を入れる。例えば大小さまざまな規模で開発者向けイベントを頻繁に開き、そのたびに開発者を支援する機能の充実ぶりを訴えている。