全1997文字

 日本野鳥の会は2021年11月1日、米コーネル大学鳥類学研究室(Cornell Lab of Ornithology:CLO)と開発した野鳥観察データベース「eBird Japan」を公開した。70万人以上が利用する世界最大のデータベース「eBird」の日本語版。このデータベースを利用するためのスマートフォンアプリ(スマホアプリ)や、撮影した写真から鳥の種類の識別をするスマホアプリも用意されている。eBirdの日本語対応によって日本からの投稿数が増えれば、自然や野鳥を守る取り組みに活用できるだけでなく、日本固有の野鳥に対するアプリの判別精度が高まる可能性がある。

eBird Japanのトップページ
eBird Japanのトップページ
(出所:日本野鳥の会)
[画像のクリックで拡大表示]

 eBirdはCLOが運営する野鳥観察データベースで2002年に公開された。研究者だけでなく誰でも無料で利用できるのが特徴で、世界各国の70万人を超える利用者から、1万種以上の野鳥の観察記録が寄せられており、累積記録数は10億件にのぼる。英語圏のみならず世界各地の言語に対応したポータルサイトが運営されており、eBird Japanの公開によって日本語でも利用できるようになった。

 eBirdはWebブラウザーだけでなく、スマホアプリからも利用できる。利用者は日時や場所、鳥の種類や数、鳴き声といった観察結果をeBirdに投稿する。投稿したデータは個人の観察リストとして管理できるほか、eBird全体のデータベースにも登録される。

種類や地域を検索することで、目的の鳥が見られる場所やある土地で見られる鳥のリストを知ることができる
種類や地域を検索することで、目的の鳥が見られる場所やある土地で見られる鳥のリストを知ることができる
(出所:日本野鳥の会)
[画像のクリックで拡大表示]

 個人の観察リストとして管理するだけであれば観察ノートのデジタル化の域を出ない。eBirdの特徴は他のバードウオッチャーが投稿した観察記録や、それらに基づいた統計データにもアクセスできる点だ。

 例えばツバメについて検索すると、これまでに投稿されたツバメの観察結果が合計何件あり、そのうち写真や音声付きのものが幾つあるかといった基本的なデータが表示される。また、それらの投稿が地球のどこで記録されたのかという位置情報をプロットした地図も見られる。

 さらに、「どの種類が、いつ、どこで報告されたか」という生データを、米航空宇宙局(NASA)などが提供する高解像度の衛星画像と組み合わせて統計モデルに当てはめて得られるビジュアル資料にもアクセスできる。ある地域におけるツバメの相対的な個体数が時間の経過とともにどう変化するかを可視化したアニメーションでは、渡りなどの移動パターンを視覚的に把握できる。

eBirdサイエンスチームが開発した南北アメリカ大陸のツバメの個体数マップ
eBirdサイエンスチームが開発した南北アメリカ大陸のツバメの個体数マップ
(出所:日本野鳥の会)
[画像のクリックで拡大表示]

 鳥類を識別するためのアプリは「Merlin(マーリン)野鳥識別」という。MerlinはeBirdだけでなく、CLOが公開する「Macaulay Library」という鳥類を中心とする様々な動物に関する情報のアーカイブにあるデータベースも利用する。eBirdの日本語化と併せてMerlinも日本語で利用できるようになった。

 ある野鳥を見た日時や場所、サイズ、色、何をしていたかといったチェックリストに答えていくと、候補となる種名を提示してくれる。写真による検索も可能だ。データベースに登録されている野鳥の写真を教師データとして機械学習したAI(人工知能)が、アップロードした写真に写っている鳥の種類を推定する。日本野鳥の会は「(eBird Japan公開によって)日本の利用者が増え、国内での観察記録が充実することにより、Merlinの識別能力も向上する」としている。