全2199文字

 2050年の交通事故死亡者ゼロを掲げるホンダが、目標達成に向けて重点開発する技術が見えてきた。注力するのは、交通事故の危険性が高まる前にリスクを先読みし、回避すること。21年11月25日に、2つの将来安全技術を初公開した(図1)。自動運転「レベル3」のような派手さはないが、死亡事故を減らす上で重要な役割を担う。

図1 次世代HMIを搭載したホンダの試作車
図1 次世代HMIを搭載したホンダの試作車
1人ひとりの運転行動や状態に合わせたHMIの実現を目指す。20年代前半に要素技術を確立し、20年代後半の実用化する計画である。(撮影:日経Automotive)
[画像のクリックで拡大表示]

 「これまでの安全技術はリスクに直面してから対処するものだった。死亡事故ゼロを実現するには、リスクが高まるのを未然に防ぐ技術が欠かせない」。こう訴えるのは、ホンダで安全技術開発を主導する髙石秀明氏(ホンダ経営企画統括部安全企画部 本田技術研究所先進技術研究所安全安心・人研究ドメイン エグゼクティブチーフエンジニア)である(図2)。

図2 ホンダの髙石秀明氏
図2 ホンダの髙石秀明氏
2050年の交通事故死亡者ゼロに向けた取り組みを説明した。(撮影:日経Automotive)
[画像のクリックで拡大表示]

 リスクに直面した際に機能するのが「Honda SENSING」に代表される先進運転支援システム(ADAS)である。ホンダは次世代ADAS「Honda SENSING 360」を22年に実用化し、30年には中国を含む先進国(日本・米国・欧州)で発売するすべての新型車に搭載する計画である。

 ホンダはADAS機能の進化や搭載車種の拡大に加えて、2輪安全技術の普及拡大や安全教育技術の展開などを進めることで、「30年に全世界でホンダ車が関与する交通事故死者を半減する」(同社)という中間目標を設定した。

死亡事故ゼロの鍵はヒューマンエラー

 今回発表した2つの技術は、その先の50年の交通事故死亡者ゼロを見据えたもの(図3)。ホンダが着目したのはヒューマンエラーの削減である。運転者に限らず、道路を利用する歩行者や自転車といった交通参加者は時として、不注意や判断ミスなどによって交通事故のリスクを高める。

図3 交通事故死者ゼロに向けたロードマップ
図3 交通事故死者ゼロに向けたロードマップ
ホンダは中間目標として30年に死者半減を目指す。(出所:ホンダ)
[画像のクリックで拡大表示]

 1つめの技術は、運転時のヒューマンエラーゼロを目指すHMI(ヒューマン・マシン・インターフェース)技術である。ホンダは「知能化運転支援技術」と呼ぶ。AI(人工知能)が運転中のリスクを検出するとともに最適な運転行動をリアルタイムで導き出す。その結果をもとに、リスクを最小化するように運転者に情報を伝達する。伝える情報の内容や手段を「運転者1人ひとりに合わせて変える」(ホンダのHMI開発担当者)点が新しい。

 ホンダが報道陣に公開した1例が、路上駐車している車両の陰から歩行者が飛び出してくる可能性がある場合だ(図4)。まず、車両周辺を監視するカメラの情報をAIで処理し、「歩行者が飛び出してくるかもしれない」シーンと推定する。同時に、車内に搭載したカメラで運転者の視線をトラッキングする。

図4 路上駐車の車両の隙間に歩行者
図4 路上駐車の車両の隙間に歩行者
黄色の車両が次世代HMIを搭載した試作車。駐車車両を横切るまで歩行者を目視できなかったが、車両は「飛び出しの危険性がある」と推定して運転者に注意を促した。(写真:ホンダ)
[画像のクリックで拡大表示]

 歩行者が飛び出してくる可能性のある場所を運転者が目視していないと判断すると、シートベルトを巻き取って動かすと同時に、メーター上部に配置したLED照明「リスクインジケータ」を光らせて危険を知らせる。

 ポイントは、事故のリスクを運転者が把握した時点でHMIによる警告を止める点である。今回のデモでは、路上駐車の場所を目視したところでシートベルの動きが止まり、LED照明は消灯した。「あらかじめリスクを認識できた場合は警告を出さない」(同担当者)という。