全2491文字
PR

 問題なく使えていた自宅のインターホン。ところが、7~9年たったある日、突然、発煙する──。パナソニックが製造・販売するインターホン「テレビドアホン」の室内側モニター親機(以下、親機)の発煙トラブルが2019年9月以降に相次いでいる。このうち、4件が火災認定事故となり、同社は21年12月1日にリコールの実施に踏み切った。

インターホン「テレビドアホン」の親機
[画像のクリックで拡大表示]
インターホン「テレビドアホン」の親機
発煙事象が21件、火災認定事故が4件発生し、パナソニックがリコールを余儀なくされた。(出所:パナソニック)

 対象は、「VL-MV18」「同20」「同25」の親機の3品番(セット品番では4品番)と、その修理用基板。合計で12万9792台をリコールする。製造期間は12年7月~12月。パナソニックは「製品内部の基板パターンの安全機構および基板や筐体(きょうたい)に使用している難燃材料により、製品の温度上昇が収まる構造となっており、本体からの発火や拡大被害に至る危険性はないと判断」していると説明する。

リコール対象の製品と製造期間、その台数
[画像のクリックで拡大表示]
リコール対象の製品と製造期間、その台数
セット(モニター親機とカメラ玄関子機のセット品番)でみると4品番で、親機では3品番。これに修理用基板が加わる。約13万台の規模のリコールとなった。パナソニックの資料を基に日経クロステックが作成。

 だが、7~9年前に購入して長年使ってきた製品が、特に触っているわけでもないのに家の中で煙を上げるというのだから、顧客に与える不安は小さくないだろう。

原因は赤リン系難燃剤

 煙を発生させたのは、電子部品として使われたコイルだ。このコイルの部品に、燃えにくくするために赤リン系難燃剤を含有させた樹脂を使っていた。樹脂の種類は不明だが、ポリブチレンテレフタレート(PBT)などの絶縁性と耐熱性を兼ね備えた樹脂が使われていると思われる。

火災認定事故
[画像のクリックで拡大表示]
火災認定事故
4件が認定された。ただし、本体からの出火や人的被害はないという。パナソニックの資料を基に日経クロステックが作成。

 結論から言えば、発煙のメカニズムは、赤リンによるイオンマイグレーション(エレクトロケミカルマイグレーション)と考えられる。

 樹脂中の赤リンは、空気中の酸素と水(湿気)と化学反応を起こして変質する。まず、赤リンは酸素と反応して五酸化二リンとなる。続いて、この五酸化二リンが水と反応してメタリン酸に変わる。そして、このメタリン酸がさらにリン酸に変化する。

 こうした化学変化により、樹脂の絶縁性が低下する一方で、生成されたメタリン酸とリン酸は電解質であるため、樹脂は導電性を持つ。

 件(くだん)のコイルは基板に実装されていたとみられる。そのため、互いに近接しており、共に銅(Cu)製でもあるコイルと基板パターンは、電解質であるメタリン酸およびリン酸の水溶液の中で電圧が加わることで、電気化学反応を起こした。すなわち、陽極側からはCuがCuイオンとして溶け出す一方で、陰極側では取り込んだCuイオンがデンドライト(樹状結晶)のCuとして析出する。このデンドライトが成長し、コイルと基板パターンの間で短絡が発生。ここに電流が流れる一方で、絶縁性が低下しているため、樹脂が発煙した――。これが親機の発煙トラブルに至らしめたメカニズムと推測できる。

 赤リン自体は高い難燃効果を備える上に、比較的安価で毒性も低い、極めて使い勝手の良い材料だ。本来であれば、空気中の酸素と水と結合して縮合リン酸(リン酸の重合物)を作る一方、樹脂が燃える際に発生する炭素(炭)と混合して、樹脂の表面に膜を形成する。この膜で酸素を遮断し、樹脂の発火を防ぐ。

 赤リンによるイオンマイグレーションの危険性は以前から知られている。赤リンの表面をアルミニウム化合物で被膜し、空気中の酸素および水と遮断してメタリン酸とリン酸への化学反応を防ぐ耐水性グレードも市販されている。

 なぜ、パナソニックはこのリコールを防げなかったのか。