全4122文字
PR

 トヨタ自動車(以下、トヨタ)は2021年12月14日、電気自動車(EV)の戦略に関する説明会を開いた。2030年までに30車種のEVを市場投入し、同年に世界のEV販売可能台数を350万台に引き上げて、2次電池の生産能力を280GWhまで増やせるようにする。高級車「レクサス」については2035年以降、全車種をEVにする計画だ。会場では報道陣からの質問に、同社代表取締役社長の豊田章男氏(以下、豊田社長)をはじめChief Branding Officer/Lexus Internationalプレジデントの佐藤恒治氏、Chief Technology Officerの前田昌彦氏、クルマ開発センターデザイン領域統括部長のサイモン・ハンフリーズ氏が回答した。その前編。

(写真:日経クロステック)
[画像のクリックで拡大表示]
(写真:日経クロステック)

EVを150万台も上方修正した理由は?

350万台という販売目標は、トヨタがこれまで掲げていた200万台から非常に大きな上方修正となる。「EVには慎重」と見られていたトヨタが、なぜここまでの上方修正をしたのか。

豊田社長:200万台という台数も大変な数だと思う。200万台の(生産)規模の自動車メーカーということになると、中国のほとんどの自動車メーカーが相当する。それに対し、さらに150万台を加えた350万台だ。350万台というと、例えば、ドイツDaimler(ダイムラー)やフランスGroupe PSA〔グループPSA、現在は欧州Stellantis(ステランティス)〕、スズキなどが、全てをEVとして新たに立ち上げるという規模になる。350万台はとてつもない数だということを認識してほしい。

 EVも燃料電池車(FCV)も使う(走る)部分ではカーボンニュートラル(温暖化ガスの排出量実質ゼロ)だが、地域のエネルギー事情によって、カーボンリデュースビークルになるのかカーボンニュートラルビークルになるのか(が変わってくる)。そして、2021年に第26回気候変動枠組条約締約国会議(COP26)が開催され、各国のエネルギー政策が見えてきた。そこで、我々はカーボンニュートラルビークルがこの目線くらいまでであれば実現可能ではないか、ということで上方修正した。

前田氏:今社長が言った背景と、米国の大統領令が出るなど実際に市場の動きそのものが活発になっているなどの背景も踏まえて、我々としてはこの台数くらいまではきちんと対応できる準備が必要なのではないかと思い、開発の構えも含めてこの台数まで対応できるようにしようと考えた。

 決算発表の時に我々は「基準」という言葉を使った。(EVでも)これ(350万台)を基準にいろいろな部品調達や開発の構え、それに関わる投資などをしっかりと押さえていこうというところも背景にはある。

佐藤氏:レクサスについて補足する。今回、レクサスは100万台の目線でということで話をした。実はレクサスは、2021年3月に電動化に対する取り組みとして「LF-Z Electrified(エレクトリファイド)」を発表し、2025年に向けて電動車の普及を加速していくと説明した。社長のプレゼンテーションにもあったが、世の中の急速な変化、特にラグジュアリー(高級)セグメントにおいては、顧客の先進技術やEVに対する期待値が急速に高まっている。地域ごとにエネルギーミックスは違うが、顧客のラグジュアリーセグメントの急速な変化に柔軟に対応していくということから、今回このような発表をすることになった。

 前田からも基準という言葉が出たが、こうした目標を立てることにより、具体的な行動を起こして、目の前に課題がどの程度あるのかということを顕在化させながらペースを上げていく。そうした強い意志を持って行動していきたいというのが、本日の発表の背景にはある。