全1896文字
PR

 スズキが2021年12月22日に発売した新型軽自動車「アルト」は、車内空間を広くするため先代車に比べて全高を50mm高くしたほか、先代車よりもフロントピラーを立てて、ワゴンタイプのような外観に変えた。その結果、先代車のボディー骨格のままでは、最新の衝突安全基準に対応するのが難しくなった。新型車ではボディー骨格に改良を加え、この課題を解決した(図1)。

アルト
図1 新型軽自動車「アルト」
先代車に比べて全高を50mm高くしたほか、先代車よりもフロントピラーを立てて箱型に近い外観にした。(撮影:日経Automotive)
[画像のクリックで拡大表示]

 14年12月に発売した先代車のボディー骨格では、側面衝突時に乗員室を変形させないために、センターピラーやサイドシルなどに、引っ張り強さが980MPa級の高張力鋼板(冷間プレス材、以下同じ)を使っていた。

 前面衝突時の衝撃荷重は、フロントピラーからルーフ・サイド・レールやサイドシルなどを通じて後部に逃がす。これらの部位も、980MPa級の高張力鋼板だった。これに対して新型車では、センターピラー(アウター材)とフロントピラー(インナー材)に、1.2GPa級の高張力鋼板を適用した(図2)。

新型車のボディー骨格
図2 新型車のボディー骨格
センターピラーとフロントピラーに、1.2GPa級の高張力鋼板を適用した。スズキの資料を基に日経Automotiveが作成。
[画像のクリックで拡大表示]

 スズキの軽自動車では、現行「ワゴンR」もセンターピラーに1.2GPa級の高張力鋼板を使うが、フロントピラーは980MPa級である(図3)。今回の新型車は最低価格を100万円以下に抑えながら、同価格が100万円を上回るワゴンRよりも1.2GPa級の使用部位を増やした注1)。また、6つのSRSエアバッグも全車に標準搭載した。

注1)先進運転支援システム(ADAS)「スズキセーフティサポート」を標準搭載する新型車の最低価格(消費税込み、以下同じ)は94万3800円。これに対してワゴンRの最低価格は、同システムを搭載しないグレードでも109万8900円となっている。
「ワゴンR」のボディー骨格
図3 「ワゴンR」のボディー骨格
センターピラーには1.2GPa級の高張力鋼板を使うが、フロントピラーは980MPa級である。スズキの資料を基に日経Automotiveが作成。
[画像のクリックで拡大表示]

 新型車でセンターピラーの強度を高めたのは、側面衝突に対する安全性を強化するためである。日本の側面衝突試験では先代車の発売後に、試験車両の運転席側の側面にぶつけるバリアー(移動式台車)の速度が速く、質量が重くなり、衝撃荷重が従来よりも大きくなった。これに対応するため新型車では、センターピラーの強度を980MPa級から1.2GPa級に変えた。