全1210文字
PR

 キヤノンはガルバノスキャナーに組み込むモーターの新製品「GM-2000」シリーズを開発。従来機種に比べて約5.8~8.8倍の分解能で回転角度を検出する新しいエンコーダーを搭載し、ミラーで反射するレーザー光の位置決め精度を大幅に高めた。「直線加工のずれ幅も抑制できる」(同社)という。2022年1月13日に発売した。

新発売したガルバノスキャナーモーター「GM-2000」シリーズ
新発売したガルバノスキャナーモーター「GM-2000」シリーズ
ミラーは製品に含まない。(出所:キヤノン)
[画像のクリックで拡大表示]

 3Dプリンター(アディティブ製造装置)やレーザー加工機でレーザー光の照射方向を決めるガルバノスキャナーは、レーザー光を反射するミラーの角度を決めるモーターが通常は2つ組み込まれている。キヤノンは08年に発売した「GM-1000」 シリーズ以来、14年ぶりに新機種のモーターを発売した。「特に3Dプリンターでの高精度化のニーズが高まっている」(同社)という。

 ミラーの大きさに合わせて3種類をラインアップした。10mm(適合ビーム径がφ8~10mm)のミラーの使用を想定した「GM-2010」と20mm(同15~30mm)のミラーの使用を想定した「GM-2020」は従来比約8.8倍、15mm(同10~15mm)のミラーの使用を想定した「GM-2015」は従来比約5.8倍の分解能でモーター軸の回転角度を検出・制御できる。

GM-2000シリーズ装着時のレーザー光照射イメージ
GM-2000シリーズ装着時のレーザー光照射イメージ
(出所:キヤノン)
[画像のクリックで拡大表示]

 精度向上のカギとなったのは、モーター軸の回転角度を検出するセンサーである光学式エンコーダーの性能向上だ。新たに自社開発した。LED(発光ダイオード)を光源とする光学式である点は同じだが、「部品の1つであるスケールを高パルス化(パターンを変更)し、光学方式も従来とは変えている」(同社)。