全1477文字
PR

 OKI(沖電気工業)ソリューションシステム事業本部本庄工場生産技術部試験技術課は、無線機器に組み込むプリント配線基板の検査工程を多関節ロボットにより2020年8月から自動化したとこのほど明らかにした。前工程から出てくる基板を複数の検査機に振り分け、検査終了後に取り出して後工程へ送る作業をロボットが担う。以前は2人の作業者がそれぞれ5台の検査機を担当していたが、現在は2台のロボットがそれぞれ9台の検査機を担当する。

この記事は有料会員限定です

【SE応援割開始】月額プランは8月末まで無料

>>詳しくは


日経クロステックからのお薦め

【SE応援割開始】月額プランが8月末まで無料!
日経BPで働きませんか

日経BPで働きませんか

「デジタル&ソリューション」をキーワードに、多様な事業を展開しています。

日経BPは、デジタル部門や編集職、営業職・販売職でキャリア採用を実施しています。デジタル部門では、データ活用、Webシステムの開発・運用、決済システムのエンジニアを募集中。詳細は下のリンクからご覧下さい。

Webシステムの開発・運用(医療事業分野)

システム開発エンジニア(自社データを活用した事業・DX推進)

システム開発エンジニア(契約管理・課金決済システム/ECサイト)