全1327文字
PR

 NTT東日本は2022年3月1日、企業が独自の5G(第5世代移動通信システム)通信網を構築できる「ローカル5G」のマネージドサービス「ギガらく5G」を5月から始めると発表した。基地局などの通信設備や導入・運用の支援サービスをパッケージ化して一括提供する。支援サービスでは、無線局免許の取得支援やネットワークの設計・構築、運用保守などを請け負う。

総利用額は従来の5分の1程度

 新サービスの特徴は安価なサブスクリプション(継続課金)型の料金プランを用意した点。基本料金は月額30万6900円(税込み、以下同)。無線通信機器の利用料が別途かかり、屋内タイプを利用する場合は1台当たり月額2万6400円である。費用を抑えることで、ローカル5Gを試験的に導入して効果を見極めたいといった顧客ニーズに対応するのが主な狙いだ。

 例えば工場や倉庫など屋内に無線通信機器1台を設置してローカル5G環境を構築する場合は月額33万3300円となる。同構成で5年間利用した場合の総利用額は工事費も含めて約2000万円とNTT東日本は試算している。これは従来の一般的なローカル5Gシステムに比べて5分の1程度の料金水準だという。

 通信機器には韓国サムスン電子の製品を採用した。ネットワーク制御を担う交換機の機能をNTT東日本のデータセンターに集約して共用する構成にしたり、同社がローカル5Gの導入現場で培ったノウハウを基にシステム構築・運用の工程を標準化したりすることで、サービス提供コストを抑えた。

ローカル5Gの導入環境に応じて無線機やアンテナの種類を選べる
ローカル5Gの導入環境に応じて無線機やアンテナの種類を選べる
(撮影:日経クロステック、以下同)
[画像のクリックで拡大表示]
基地局装置を企業内に設置する一方、交換機機能はNTT東日本のデータセンターに集約する
基地局装置を企業内に設置する一方、交換機機能はNTT東日本のデータセンターに集約する
[画像のクリックで拡大表示]