全946文字
PR

 ホンダが米GMと共同開発する燃料電池(FC)ユニットが姿を現した(図1)。従来システムからFCセルを一回り大きくすることで、発電能力の向上や量産性の改善を図ったようだ。

図1 ホンダが米GMと共同開発する燃料電池(FC)ユニットの試作機
図1 ホンダが米GMと共同開発する燃料電池(FC)ユニットの試作機
写真左側から空気や水素を供給し、FCスタックで化学反応させる。(撮影:日経Automotive)
[画像のクリックで拡大表示]

 ホンダは、乗用車タイプの燃料電池車(FCV)「クラリティフューエルセル」の販売を2021年9月に終了していた。リース販売として累計1900台程度と少なかったからだろう。FCV市場での再起を図るホンダは、早ければ23年ごろに次期モデルを投入するという。

 その車両に搭載するFCシステムは、GMと開発したものになりそうだ。両社は13年にFCシステムの共同開発で提携した。開発が佳境を迎える現在は、「本田技術研究所の国内拠点で試作システムを動かし、性能を検証している」(本田技術研究所の開発担当者)段階である。新型コロナウイルス感染症の影響でGMの開発拠点との行き来は制限されるが、「オンライン会議システムを使ってGMの開発担当者と密に連絡を取っている」(同担当者)という。

 その共同開発品が、「第18回 FC EXPO 水素・燃料電池展」(22年3月16~18日、東京ビッグサイト)でホンダが展示したFCユニットである。出力は80kW。ユニットの寸法は835×605×660mmで、「乗用車のフロントフード下に搭載できるサイズ」(同担当者)に仕上げた。