全3901文字
PR

 JFEスチールは、車載モーターのコア(鉄心)向け純鉄粉を開発した。電磁鋼板では対応が難しい小型で複雑形状の鉄心を造れる。同社は主に、電気自動車(EV)などの電動車両の補機モーターへの採用を目指す。現行の電動車両で使う補機モーターは駆動用の主機モーターと同様に、鉄心には主に電磁鋼板が使われている。ただ、電動車両の補機モーターは今後、より小型化・高周波化が進む可能性が大きい。JFEスチールの純鉄粉「電磁郎」(以下、新材料)は、こうした補機モーターなどの鉄心材料に向く。「アキシャルギャップ型」という新構造モーター実用化の追い風になる可能性がある。

 2050年のカーボンニュートラル(炭素中立)実現に向けて、世界で電動車両の投入が加速している。例えば日本メーカーでは、トヨタ自動車が2021年12月に、EVの世界販売目標を30年に350万台とする新たな戦略を発表した。「EVと燃料電池車(FCV)の合計で30年に200万台」という従来計画から大きく上方修正した。

 具体的には、30年までに「レクサス」ブランドを含む30車種のEVを世界で販売し、EVのフルラインアップを実現する計画である。EVだけでなく、「ハイブリッド車(HEV)やプラグインハイブリッド車(PHEV)、FCVにも本気で取り組んでいる」と、同社社長の豊田章男氏は力を込める(図1)。

トヨタ自動車のEV群
図1 トヨタ自動車のEV群
21年12月の発表会では、22年に発売するSUV(多目的スポーツ車)の「bZ4X」など16車種を公開した。(出所:トヨタ自動車)
[画像のクリックで拡大表示]

 ホンダは40年に、世界市場で販売するすべての車両を電動車両にする。ここでいう電動車両とはEVとFCVである。日産自動車もフランスRenault(ルノー)と三菱自動車との日仏3社連合(アライアンス)全体で、30年までに35車種のEVを世界で発売する計画だ。

電動車両の普及で車載モーター市場は急拡大

 電動車両の普及は、車載モーター市場の拡大を後押しする。矢野経済研究所によると、車載モーター市場は18年に約32億個だったが、30年には約56億個に拡大するという。ここでいう車載モーターとは、主機モーターや補機モーターなどクルマに搭載されるすべてのモーターのことである。

 車載モーター市場の拡大によって、鉄心用の電磁鋼板は25年以降に不足する可能性がある。高性能の電磁鋼板を量産できる鉄鋼メーカーが、世界でも限られているためだ。調査会社の米S&P Global(S&Pグローバル)の自動車部門(旧英IHS Markit[IHSマークイット]の自動車部門)は、30年には電動車両向け電磁鋼板注1)の不足量が、90万t(トン)を超える恐れがあると予測する。

注1)電磁鋼板には大きく分けて、「方向性」と「無方向性」の2種類がある。車載モーターの鉄心には、全方向で優れた磁気特性を持つ無方向性の電磁鋼板を使う。特定の方向で優れた磁気特性を発揮する方向性の電磁鋼板は、主に変圧器の鉄心に使われている。

 電磁鋼板の製造を手掛けるJFEスチールは、同鋼板の不足問題への対応を急ぐ。同社電磁鋼板セクター部の主任部員である藤田明男氏は、「24年度上期(24年4~9月)に、高級無方向性電磁鋼板の生産能力を現在の2倍に増強する」と述べる。同社は「今回の新材料は電磁鋼板の不足を埋めるものではなく、新たなニーズに対応するもの」と説明するが、電磁鋼板の増産計画に加えて、今回の新材料が補機モーターの鉄心に使えるようになれば、電磁鋼板の不足を補う一助になりそうだ。