全2333文字
PR

 米コグネックスの日本法人であるコグネックス(東京・文京)は2022年4月4日、ディープラーニング(DL)機能を搭載した画像センサー「In-Sight 2800」を発売した。同社の製造業向け画像処理製品の中で低価格帯に属する画像センサーにDL機能を搭載するのは初めて。DL機能の搭載によって従来の画像センサーでは難しかった不良の種類の分類や官能検査の代替を可能にする一方、画像処理やDLに精通していない人でも手軽に使える仕様とした。

新発売した画像センサー「In-Sight 2800」
新発売した画像センサー「In-Sight 2800」
写真はストレート型のマルチカラートーチ照明モデル。カメラ・照明の方向を90度傾けたライトアングル型の小型照明モデルなど4種類の本体をラインアップする。(出所:コグネックス)
[画像のクリックで拡大表示]

 同社が扱う画像処理製品は3つのカテゴリーに分かれる。ハイエンドがパソコン上で稼働するソフトウエアである「画像処理ライブラリ」。産業用カメラなどと組み合わせて使うもので、カスタマイズ性が高い。次に高機能な「画像処理システム」は検査に必要な機能をカメラモジュールに内蔵しており、画像処理ライブラリより少ない工数で開発できる。そして、画像処理システムの機能をさらに絞り、設置の容易さを高めて価格を抑えたのが「画像センサー」だ。

 3つのカテゴリーの内、画像センサー以外では既にDLを活用した製品を販売している。DL機能を搭載した既存製品は2種類ある。画像処理ライブラリの製品としては18年に「VisionPro Deep Learning」、画像処理システムの製品としては20年に「In-Sight D900」を発売した。日本では既に約400社がDLを活用した同社製品を導入しているという。

 今回、DL搭載製品の強い引き合いを背景に、低価格帯のエントリーモデルとしてIn-Sight 2800を開発した。おおよその価格帯としては「In-Sight D900が50万円以上なのに対し、In-Sight 2800は50万円以下」(同社)という。