全1534文字
PR

 「メインフレームを所持せずとも、クラウドで同様のコンピューティング技術を使えるようにする」――。

 富士通は2022年4月6日、高度なコンピューティング技術とソフトウエア技術をクラウドで提供する新サービスの発表会を開き、同社のヴィヴェック・マハジャンCTO(最高技術責任者)は意気込みをこう語った。

富士通が2022年4月6日に開いた発表会にはヴィヴェック・マハジャンCTO(最高技術責任者)と高橋美波執行役員(右)が登壇した
富士通が2022年4月6日に開いた発表会にはヴィヴェック・マハジャンCTO(最高技術責任者)と高橋美波執行役員(右)が登壇した
(富士通のオンライン発表会の画面をキャプチャー)
[画像のクリックで拡大表示]

 2022年10月から提供を開始する新サービスの名称は「Fujitsu Computing as a Service(CaaS)」。同社と理化学研究所が共同開発したスーパーコンピューター「富岳」の技術を適用したHPC(ハイパフォーマンス・コンピューティング)、疑似量子コンピューター「デジタルアニーラ」、AI(人工知能)などのソフトウエア技術をクラウド上で一元的に提供するものだ。

 いずれもAPI(アプリケーション・プログラミング・インターフェース)連携により、米Microsoft(マイクロソフト)の「Microsoft Azure」や米Amazon Web Services(アマゾン・ウェブ・サービス)の「Amazon Web Services(AWS)」などのパブリッククラウド上で使える。国内だけでなく、将来はグローバル展開も視野に入れる。

 メインフレームとUNIXサーバーの製造・販売から撤退を表明している同社が打ち出した新機軸のサービスとはいかなるものか。

HPCは最小構成で月10万円から

 CaaSを構成するサービス群のうち、第1弾として「Fujitsu クラウドサービス HPC」の販売を4月6日から始めた。同サービスは「FUJITSU Supercomputer PRIMEHPC FX1000」をクラウド型で提供するものになり、金融や製造、流通、物流、医療、防災など幅広い分野での利用を想定する。

 富岳と互換性のあるハードウエアやソフトウエアを採用するため、大規模なシミュレーションを高速に処理できることが大きな特長だ。シミュレーションを実行するために必要な環境やサポートもサービスとして提供し、ユーザー側での環境設定などは特に必要ないとする。解析用のデータを準備するだけで、必要な時に必要な分だけ利用できる。

 HPCを利用するための料金「HPCバジェット」はアカウント当たり最低5万円(税抜き、以下同じ)から。利用するストレージやノード、データ通信などに応じて別途、料金が加算され、同社の試算によれば最小構成で月10万円から利用できるという。