全2291文字

屋根上と駐車場で100%以上に

 同社にとって最初の「ネット・ゼロ・エネルギー」店舗は、カリフォルニア州南部のビスタにあり、店舗の屋上に太陽光パネルが1620枚、そして駐車場に1800枚の太陽光パネルが設置されている。ちなみに、合計3420枚の太陽光パネルによるメガソーラー(大規模太陽光発電所)は、同店舗の年間電力消費量の最大110%を発電するとされている。余剰電力は、カリフォルニア地域の電力網に送電されることになっている。

 屋上の太陽光発電とソーラーカーポートに加え、この店舗には、電気式のHVAC(空調・換気)システムやCO2冷媒による省エネ型冷凍機などの設備も整っており、店舗の排出量削減に貢献している。従来は天然ガスで稼働していた店舗の暖房システムを太陽光発電で稼働するシステムに転換した。さらに、1300を超えるLED照明に付け替え、合計で総エネルギー料金を10%削減できることになるという(図2)。

図2●米ターゲットで初となるネット・ゼロ・エネルギー店舗に設置されたソーラーカーポート
図2●米ターゲットで初となるネット・ゼロ・エネルギー店舗に設置されたソーラーカーポート
(出所:Target)
[画像のクリックで拡大表示]