全3091文字
PR

 「顧客と株主をはじめとする社会の多くの皆様に多大なるご迷惑とご心配をお掛けしていることを深くおわび申し上げる」。2022年4月28日に行われた三菱電機の2022年3月期(2021年度)決算会見は、再び漆間(うるま)啓社長が頭を下げるところから始まった。FAシステムと空調機器が好調で、売上高は前年比7%増、営業利益は同9%増と業績は悪くない。ところが、品質不正の問題から一向に脱せない。誤った状態に染まった体質の改善がいかに難しいかを社内外に示している。

謝罪する漆間社長(中央)
[画像のクリックで拡大表示]
謝罪する漆間社長(中央)
2021年度は好決算だったにもかかわらず、くすぶる不正問題を受けて頭を下げるところから会見(オンライン)が始まった。(オンライン会見の様子をキャプチャー)

 漆間社長が謝罪を余儀なくされた原因は、新たな不正の発覚にある。特別耐圧以上の変圧器(以下、変圧器)の一部で、設計不正および検査不正が見つかったのだ。同社はこの不正の事実を決算発表日の1週間前である同年4月21日に公表した。

 これで「新生三菱電機」の筋書きが崩れた。

 三菱電機が描いた筋書きは、この4月で一連の不正問題に終止符を打つことだった。2021年度で不正問題に幕を引き、2022年度からは不正とは無縁の新たな三菱電機に生まれ変わるとアピールするつもりだったのだ。この計画を完璧なものとするために、同社は2022年4月8日に「骨太の方針」を発表した。「劣化している(組織)風土を改善」(同社)するために、全ての経営陣と従業員に向けた組織風土改革の提言を行い、「新しい三菱電機グループの創生」(同社)に向かって進んでいくと力強く宣言した。

 ただし、不正問題を乗り越えたと自ら宣言するだけでは、社外の信頼は得られない。そこで、同社は“お墨付き”を外部調査委員会(以下、調査委員会)から得るべく、その調査完了の時期をこの4月と見込んで筋書きを描いていた。ところが、新たな不正の発覚で、当てが大きく外れてしまったというわけだ。

不正が見つかった変圧器
[画像のクリックで拡大表示]
不正が見つかった変圧器
系統変電システム製作所の赤穂工場が生産・出荷していた。不正な製品の出荷は40年にもわたった。(作成:日経クロステック、画像:三菱電機)

4割を超える製品が不正

 変圧器に関して不正を行っていたのは、系統変電システム製作所の赤穂工場(兵庫県赤穂市)だ。交流電力を変換する機器で、発電所や変電所などで使われる。電力会社やJRなどの鉄道会社が主な顧客である。漆間社長は「社会インフラで広く使用される製品」と説明する。

変圧器の不正の詳細
[画像のクリックで拡大表示]
変圧器の不正の詳細
(作成:日経クロステック)

 際立つのは、不正を続けた期間の長さだ。1982年~2022年と、実に40年もの間、不正な変圧器を顧客に販売し続けていた。同社長崎製作所(長崎県時津町)による鉄道車両向け製品(鉄道車両向け空調装置と同空気圧縮機ユニット)の不正の継続期間が35年(1985年~2020年)であり、それを超える期間となるわけだ。この期間に出荷した変圧器のうち、40%を超える3384台が不正な製品だったと判明している。内訳は国内向けが約47%で海外向けが約53%と、不正の影響は国内だけではなく海外にも及ぶことになる。

 不正発覚のきっかけは「内部(社内)からだと聞いている」(漆間社長)。2022年4月初旬に社内から声が上がり、同月13日に漆間社長に報告された。三菱電機は不正発覚直後に不正な変圧器の出荷を止めたが、同年3月までは出荷を続けていた。

 この変圧器の不正が与える影響を三菱電機の内情に詳しい関係者はこうみる。「電力会社やJRなどは三菱電機にとって最高水準の上客。彼らの要求は、多少値が張っても万全な品質の製品が欲しいというもの。にもかかわらず、三菱電機が長年にわたっていいかげんな品質のものを寄こしていたと知って、激怒していることだろう」。

 なぜ40年も不正が続いたのか。