全1967文字
PR

 国立情報学研究所(NII)は学術向け基幹通信網「SINET(サイネット)」を6年ぶりに刷新し、その開通式を2022年5月30日に東京都千代田区の一橋大学一橋講堂で開催した。拠点間の帯域を従来比4倍の毎秒400Gビットに拡張したほか、高速通信規格「5G」への対応で足回りも強化した。大容量データをリアルタイムで研究に活用するニーズに応える狙いがある。

 「SINET6の最大の変化点はデータ基盤への接続だ。大容量データがネットワーク上を自然に流通するようになる」――。NIIの喜連川優所長は開通式の席上でこう述べた。喜連川所長が強調したのは、同研究所が2021年に稼働させた研究用データの管理基盤である「NII研究データ基盤」にSINETから高速にアクセスできるようにした点。

SINET6開通式で登壇した国立情報学研究所の喜連川優所長
SINET6開通式で登壇した国立情報学研究所の喜連川優所長
[画像のクリックで拡大表示]

 この背景には、大学や研究機関で巨大なデータをリアルタイムで活用するニーズが高まっていることがある。これに応えるためSINET6では、「超高性能」と「高信頼」という以前から掲げるコンセプトに磨きをかけたという。

拠点間の接続に400GbEを採用、遅延も抑制

 主な強化点は3つある。1つ目は拠点間の帯域の大幅な増強だ。最大伝送速度が毎秒400Gビットのイーサネット(400GbE)を用いるなどして、全国70カ所に設けたデータセンター間の帯域を原則として400Gビット/秒に増やした(沖縄地域を除く)。従来は100Gビット/秒が基本だった。SINETを利用する研究機関の1つである高エネルギー加速器研究機構の通信トラフィックは、数十Gビット/秒に及ぶことが珍しくないという。このような大容量通信が発生しても他の通信に影響が及びにくくした。

 リアルタイムのデータ活用を追求するには、スループットが重要だ。そこでスループット低下を招く要因の1つである遅延の抑制にも気を配る。例えば基幹網を構成する装置同士をフルメッシュ構成で接続し、中継装置による処理を極力省いた。

 遅延を抑え、さらにSINET側でQoS(サービス品質)機能を提供することによって、「北海道から九州の病院の遠隔手術を実施できる」(喜連川所長)。海外にも類似の学術向け基幹網は存在するものの、北海道-九州間に相当する約2000kmの距離で安定して通信できる環境はないという。

 2つ目の強化点は、SINET本来の役割である基幹網にとどまらず、アクセス回線の高速化に踏み出したことだ。SINET6の稼働に合わせて実証実験を始めた「モバイルSINET」と呼ぶ取り組みがこれに当たる。携帯電話会社の5G通信網にSINET専用のVPN(仮想私設網)を設定してSINETと直結した。

 最近はIoT(インターネット・オブ・シングズ)技術などを活用した研究が大学や研究機関の敷地の外でも進む。こうした研究活動を通信ネットワークの面から支援するには、モバイルへの対応が欠かせなかった。