全2652文字
PR

 ブリヂストンが、タイヤ事業の先にある可能性としてロボットハンドの開発に動き出している。タイヤで培ったノウハウを生かし、“ロボットの空白地帯”に切り込む考えだ。「柔らかく持つのに力が出る」(同社)という特徴を前面に出し、2024年度に向けた事業化を目指す(動画)。

動画 複数のゼリー飲料を「わしづかみ」
(動画:日経クロステック)

 2022年3月――。東京ビッグサイトで開催された「国際ロボット展」の一角に人だかりができていた。注目を集めていたのは、触手のような見た目をした柔らかいロボットハンドだ。ブリヂストンの「33年ぶり」(同社)となる同イベントへの出展だった。りんごやバナナを持ち上げるデモンストレーションに、「産業用ロボットメーカーの担当者が代わる代わる見物に来ていた」とブリヂストン 探索事業開発 第1部門長の音山哲一氏は振り返る。

 同社のロボットハンドが高い関心を持たれたのには理由がある。形や大きさの異なる物体を“ちょうどいい”力でつかむロボットハンドの開発が難しいからだ(図1)。

図1 ハンド部分は4本の人工筋肉を組み合わせた
[画像のクリックで拡大表示]
図1 ハンド部分は4本の人工筋肉を組み合わせた
ブリヂストンが開発するロボットハンドは、「異星人の手をイメージしている」(同社)という特徴的な見た目を持つ。実際の駆動時には、外部に取り付けるセンサーで対象物を認識し、ものをつかむ。バナナやりんごのような果物から、花やゼリー飲料容器のようなさまざまな形状の物体に対応できることが特徴。周囲に人がいるような環境での活用も想定しており、人とぶつかっても危害を加えにくい。上部のライトは、把持などの状況に応じて光らせることが可能。(写真:加藤康)

 さまざまな物体をつかむ力加減の計算は、画像認識や人工知能(AI)を活用すれば可能だ。一方で、ソフトウエア側の進歩にハードウエアが追いついておらず、「実現できるハードがあまりなかった」(音山氏)。

 例えば果物の自動選別ロボットでは、ロボットハンドでなく真空ポンプを利用した吸着パッドを使うという選択肢がある。だが力の加減が難しく、対象を傷つけてしまうおそれがあった。

 この状況を打破する手段になりうるのが、柔らかいロボットハンドというアイデアである。ブリヂストンが開発するロボットハンドはゴムチューブと繊維という柔軟な材料で構成する。触手のような見た目でありながら、質量5kgの鉄球を持てる力強さが特徴である。

 このような柔らかいロボットは、「ソフトロボティクス」と呼ばれる分野で昨今開発が進んでいる。周囲の人や対象物を傷つけにくいため、身近な存在としてのロボットの普及につながるためだ。