全1619文字
PR

 三菱電機と子会社の三菱電機ビルソリューションズ(東京・荒川、以下三菱電機)の製品で電気用品安全法(以下、電安法)違反が発覚した。対象は、ビル設備用コントローラー。具体的には、ビルのセキュリティーシステム「MELSAFETY」シリーズおよびビルの設備監視・制御システム「BuilUnity」のコントローラーである。2012年12月から2022年5月に製造した計3万1695台が対象となる。

MELSAFETYを紹介するWebサイト
[画像のクリックで拡大表示]
MELSAFETYを紹介するWebサイト
(出所:三菱電機ビルソリューションズのWebサイト)

 違反したのは、電安法が定める「補助端子における雑音端子電圧試験(以下、雑音端子電圧試験)」。製品の電源や通信線など外部につながるケーブルを通じて周辺機器に影響を与える電磁波ノイズ(以下、ノイズ)の大きさを確認する試験だ。

* 補助端子における雑音端子電圧試験 対象機器と外部接続するケーブルの各端子で0.5265M~30MHzの周波数帯における雑音電圧レベルを測定し、それを74dB 以下に抑えるように定めている。

 三菱電機はこの雑音端子電圧試験を実施せずに製品を出荷していた。加えて、出荷済み製品の補助端子の一部に、同試験の許容値を満たさないものが見つかった。にもかかわらず、電安法に基づいていることを示す「PSEマーク」を掲示していた。

責任は品質管理か設計か

 この電安法違反は、新製品の開発中に発覚した。三菱電機が新製品に必要な試験内容を第三者機関に相談したところ、雑音端子電圧試験が必要だと分かった。ところが、同社はこの試験を従来製品では実施していなかった。

 三菱電機の関係者(以下、関係者)によれば、同社では法規などに基づいて製品に求められる試験の把握は品質管理部門が担っており、必要な試験を実施するように開発設計部門に指示するという。そのため、この案件では品質管理部門が雑音端子電圧試験の必要性を見逃した可能性があるという。

 一方で、開発設計部門が「電安法の内容を都合良く解釈した可能性もある」と関係者は指摘する。実は、雑音端子電圧試験が定める「74dB以下」という条件は、かなり厳しい仕様なのだという。「通常の使用環境であれば、70dB程度の雑音電圧レベルを満たせば十分のはず。そこで、この試験はわざわざ実施する必要はないと開発設計部門は判断したのかもしれない」(関係者)。

 では、もしも三菱電機が雑音端子電圧試験の必要性を理解していたら、どうすればよかったのか。実は、対策はとても簡単だったようだ。