全1105文字

 三菱電機が「東日本FAソリューションセンター」(東京・台東)をリニューアルした。同センターは、FA(ファクトリーオートメーション)のソリューション展示場やデジタルトランスフォーメーション(DX)を支援する施設から成る。全面改装した1階の展示エリアでは、デジタルツインとは何か、ロボットによる自動化がどのようなものか、をデモンストレーション機や映像で理解・体感できるようにした(図1、2)。2022年7月4日の再オープンを控えた同年6月30日、報道陣向けに公開した。

図1 スマートウォッチの生産工程のデモンストレーション
図1 スマートウォッチの生産工程のデモンストレーション
ロボットによって自動化したデモを見られる。(写真:日経クロステック)
[画像のクリックで拡大表示]
図2 東日本FAソリューションセンター1階展示エリアの配置イメージ
図2 東日本FAソリューションセンター1階展示エリアの配置イメージ
2018年に開設した展示エリアを全面改装。ハードウエア単体でなく、見学者が抱える課題を解決できるソリューションの理解を促す展示に模様替えした。(出所:三菱電機)
[画像のクリックで拡大表示]

 1階の展示エリアで最も目を引くのは、入り口付近にある「デジタルマニュファクチャリングエリア」だ。ロボットによって自動化したスマートウオッチの生産工程を模したデモを、FAに関するソフトウエアと併せて展示。周辺に設置したディスプレーで、デモ機のデジタルツインや、SCADA*1で見える化したデータなどを確認できる(図3、4)。

*1 SCADA:IoT(Internet of Things)で収集したデータを集約し、管理・見える化するシステム。
図3 デジタルツインの3Dモデル
図3 デジタルツインの3Dモデル
スマートウォッチの生産工程のデモの上にあるディスプレーで、デモの工程と同期したデジタルツインの映像を表示している。(写真:日経クロステック)
[画像のクリックで拡大表示]
図4 SCADAで見える化したデータ
図4 SCADAで見える化したデータ
(写真:日経クロステック)
[画像のクリックで拡大表示]

 デモ機前に設置したディスプレーには、デモ機の3D映像と「AI(人工知能)による省エネ支援」「事後保全の効率化」といったキーワードが表示されている。任意のキーワードを選択すると、映像を中心としたそのキーワードに関する情報が表示される(図5)。

図5 キーワードでソリューションを検索
図5 キーワードでソリューションを検索
スマートウォッチの生産工程のデモを見ながら、このディスプレーで気になるキーワードを検索。見学者が抱える課題のソリューションに関する情報を閲覧できる。(写真:日経クロステック)
[画像のクリックで拡大表示]