全3609文字
PR

 国土交通省と自動車事故対策機構(NASVA)は2022年5月、日本の自動車アセスメントプログラム(JNCAP)の最新(2021年度)の安全性能評価結果を発表した。今回の評価結果からは、自動ブレーキに関するいくつかのポイントが見えてきた。

 第1のポイントは、海外のセンサーサプライヤーが存在感を示したことである。試験条件が最も厳しい夜間歩行者を対象にした試験で、5社の8車種が最高点(満点、以下同じ)を獲得した。これらの車種はすべて、夜間歩行者を検知する主要センサーとして、海外サプライヤーのカメラを搭載している。

 第2のポイントは、最高点を獲得した5社のうち、SUBARU(スバル)とホンダがカメラのサプライヤーを変更したこと。第3のポイントは、日産自動車とトヨタ自動車が複数のサプライヤーからカメラを調達し、車種ごとにカメラを使い分けてサプライヤーを競わせていることだ。

 各社のシステムの性能差が縮まっていることが、第4のポイントである。最高点を獲得できなかった3車種(トヨタ自動車の中型車「カローラ/同ツーリング」とスズキの小型ミニバン「ソリオ/同バンディット」、ホンダの軽自動車「N-ONE」)の得点率(満点を100とした場合の比率)は97%を超えており、わずかに最高点に届かなかった()。

最新の夜間試験の結果(2021年度)
表 最新の夜間試験の結果(2021年度)
スバルやホンダなど5社の8車種が1位で並んだ。NASVAの発表データを基に日経Automotiveが作成。
[画像のクリックで拡大表示]