全1480文字
PR

 米Meta Platforms(メタ・プラットフォームズ)が主催するメタバース関連のイベント「METAVERSE EXPO JAPAN 2022」が2022年7月27日~28日、港区六本木で開催された。イベントではメタバース関連のサービスの展示や有識者によるカンファレンスを、関係者やメディアに向けた完全招待制で実施した。

参加企業が記載された会場のマップ
参加企業が記載された会場のマップ
(撮影:日経クロステック)
[画像のクリックで拡大表示]

 同イベントが特徴的なのはメタバースに関するサービスを提供するベンダーだけでなく、一見メタバースとの関わりを連想できないような企業や団体も出展している点だ。出展各社はメタバースに進出することで何を狙うのか。

国際宇宙ステーションでの宇宙遊泳を体験

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は「ISS SPACE WALK in METAVERSE」を展示した。国際宇宙ステーション(ISS)を再現したメタバース空間で、VR(仮想現実)機器を装着してISS周辺での宇宙遊泳を体験できる。アプリケーション構築などを手掛けるバスキュールと共同で開発した。

JAXAとバスキュールの出展するブース
JAXAとバスキュールの出展するブース
(撮影:日経クロステック)
[画像のクリックで拡大表示]

 記者が実際にVRを試すと、宇宙遊泳の感覚やISSの各部位の巨大さを味わうことができ、2Dの映像だけでは得られない体験ができた。JAXAの藤平耕一新事業促進部事業開発グループJ-SPARCプロデューサーは「実際に宇宙へ行ったことがある宇宙飛行士にVRを体験してもらったところ、『体験後、久々に宇宙に行った際の夢を見た』との感想を得られた。実際の宇宙遊泳に近い感覚を再現できているのだろう」と自信を見せる。

「ISS SPACE WALK in METAVERSE」の様子
「ISS SPACE WALK in METAVERSE」の様子
(出所:バスキュール)
[画像のクリックで拡大表示]

 JAXAがメタバース進出で狙うのは企業との共創の拡大だという。「複数人でメタバース空間に入り、地球やISSを眺めながら会話をすることで、新しいアイデアが生まれると期待している。今まで(宇宙開発に)なじみのなかった企業にも参加してもらいたい」(藤平氏)。メタバースを通し今までになかった企業との共創が生まれることも見据える。