全3581文字

 リコール台数が22万2831台に拡大──。発煙の恐れがあるインターホン「テレビドアホン」の室内側モニター親機(以下、親機、図1)。製造・販売するパナソニックホールディングス(以下、パナソニック)が、そのリコール対象台数を増やした。前回(2021年12月1日)発表した12万9792台に、新たに9万3039台が加わった。

図1 リコール台数が増えたインターホン「テレビドアホン」の親機
[画像のクリックで拡大表示]
図1 リコール台数が増えたインターホン「テレビドアホン」の親機
2022年5月に2件の発煙トラブルが発生し、調査の結果、リコール対象製造期間を広げる必要に迫られた。ただし、本体からの発火や人的被害はないという。(出所:パナソニックのWebサイトおよび同社のパンフレットを基に日経クロステックが作成)

 対象製品は同じく「VL-MV18」「同20」「同25」の親機の3品番(セット品番では4品番)と、その修理用基板である(表1)。前回発表したリコール対象製造期間は2012年7~12月だったが、これに2013年1~4月を追加した形となる。

表1 リコール対象の製品と製造期間、対象台数
[画像のクリックで拡大表示]
表1 リコール対象の製品と製造期間、対象台数
セット(モニター親機とカメラ玄関子機のセット品番)でみると4品番で、親機では3品番。これに修理用基板が加わる。リコール対象となる製造期間として2013年1月〜4月が加わったことで、合計で22万台を超えるリコールに拡大した。(パナソニックの資料を基に日経クロステックが作成)

 発覚のきっかけは発煙事象の発生。2022年5月に親機からの発煙トラブルが愛知県と鹿児島県でそれぞれ1件ずつ起きた(表2)。パナソニックが製造時期を確認したところ2013年1月と、前回のリコール対象製造期間から外れていたことが分かった。この事態を受けて同社と部品メーカーが改めて調査を実施したところ、リコール対象製造期間を同年4月まで広げる必要性があると判断した。

表2 発覚のきっかけとなった発煙事象
[画像のクリックで拡大表示]
表2 発覚のきっかけとなった発煙事象
製造日は2013年1月と、前回のリコール対象製造期間から外れていたことが判明。これによりパナソニックはリコール対象製造期間の拡大を決めた。(パナソニックの資料を基に日経クロステックが作成)

対策品のはずが「非対策品」だった

 発煙が生じた箇所は、外部からのノイズ対策用に設けたコイルだ。トラブル源は、そのコイルのコイル線を保護する樹脂製部品である。樹脂の材料には、絶縁性と耐熱性を持つ汎用エンジニアリングプラスチックである「ポリブチレンテレフタレート(PBT)」(パナソニック)を使った。このPBTに燃えにくくするために赤リン系難燃剤を加えて成形することで製品(部品)に仕上げていた。

 発煙の仕組みは、赤リンによるイオンマイグレーション(エレクトロケミカルマイグレーション)である(図2)。樹脂中の赤リンが、空気中の酸素と水(湿気)によって化学反応を起こし、メタリン酸およびリン酸の水溶液ができた。これらにより、樹脂が導電性を持つとともに、水溶液が共に銅(Cu)製のコイル線と基板パターンの間に流れ込んで両者の間を埋めた。そして、ここに電圧が加わることでコイル線と基板パターンを電極とする電気化学反応が起きた。

 この電気化学反応により、陽極側からはCuがCuイオン(Cu2+)として溶け出す一方で、陰極側はCuイオンが電子(e)を取り込んでCuのデンドライト(樹状結晶)が析出。このデンドライトが成長し、コイル線と基板パターンの間で短絡が発生した。ここに短絡電流が流れて大きなジュール熱が生じる一方で、赤リンが溶け出して絶縁性も難燃性も低下していることから、樹脂製部品が発煙したとみられる。

図2 赤リンによるイオンマイグレーション
[画像のクリックで拡大表示]
図2 赤リンによるイオンマイグレーション
難燃剤である赤リンが樹脂から溶出し、空気中の酸素と水と反応してメタリン酸およびリン酸の水溶液となる。これらは電解質のため、共にCu製のコイル線と基板パターンに電圧がかかると電気化学反応を起こす。陽極から溶け出した銅イオン(Cu2+)が陰極で電子(e)を取り込んで銅のデンドライトとして析出する。このデンドライトが成長して陽極と接すると短絡が発生し、ここに電流が流れると大きなジュール熱を発して過熱源となる。(出所:日経クロステック)

 パナソニックは、2013年以降に製造した親機に対策品を使用していた。具体的には、赤リンの表面を被膜した難燃剤を含有させた樹脂製部品を採用した。皮膜が赤リンに対して空気中の酸素と水を遮断するため、赤リンが樹脂から溶出することがない。現に、同社は信頼性試験を実施し、高温・高湿の環境でも赤リンが溶出する可能性がないことを確認済みだった。

 ところが、先の通り、2013年1月に製造した「対策品」を組み込んだ親機でも発煙トラブルが発生してしまった。それは、なぜか。