全3031文字
PR

 基準を満たすまで測定を繰り返し、基準値超過でも無報告──。日本製鉄の東日本製鉄所君津地区(千葉県君津市)で水質測定の不正が発覚した(図1)。原因究明中に排水成分について測定値よりも低い値を報告していたことが判明し、過去3~5年分の水質測定値を総点検した。その結果、有害物質であるシアンについて排水基準や協定値を超過した件数が53件もあったことが明るみに出た。

図1 東日本製鉄所君津地区の地図
[画像のクリックで拡大表示]
図1 東日本製鉄所君津地区の地図
上はカラー表示で、下は線図。排水口と排水溝の位置関係を示した。(出所:日本製鉄の資料を基に日経クロステックが作成)

 この事案は、かなりずさんなケースと言わざるを得ない。それは、不正が発覚に至るまでの経緯をたどれば明らかだ(図2)。

図2 不正が発覚に至るまでの経緯
[画像のクリックで拡大表示]
図2 不正が発覚に至るまでの経緯
着色水の構外流出トラブルをきっかけに調査を進めたところ、日本製鉄の東日本製鉄所君津地区の水質管理のずさんな実態が露呈した。(出所:日経クロステック)

 きっかけは、赤く染まった水(以下、着色水)の流出だった。2022年6月19日、東日本製鉄所君津地区の排水口(14番排水口)から着色水が構外に流れ出すトラブルが発生。翌20日には別の排水口(11番排水口)からも着色水の流出が見つかった。

 同月18日、コークス炉で発生したガスの洗浄で生じる脱硫液がタンクから漏洩していた。着色水にはその脱硫液が含まれていた。脱硫液の主成分は、チオシアン酸アンモニウムなどのアンモニア化合物である。

 この着色水の流出トラブルを受けて、日本製鉄は調査を開始。着色水が流出した排水口付近で採取した水の水質分析を行ったところ、シアンと化学的酸素要求量(COD)、全窒素(T-N)、アンモニアの4成分について、水質汚濁防止法の排出基準値を超える測定結果が得られた*1

*1 CODは水質の汚濁状況を表す指標の1つで、酸素消費量とも呼ぶ。また、T-Nは富栄養化を表す指標の1つで、水中に存在するさまざまな形態の窒素化合物の合計量である。

 同社がさらに調査を進めると、今度は着色水とは異なる排水系統にある排水口(7番排水口)から排出基準値を超えるシアンとT-Nが検出された。同年6月30日および7月1日に採取した水の水質分析の結果だ。高炉で発生したガスに含まれるダストなどを湿式処理した際に発生する処理水が流れ込んだことが原因とみられる。この処理水はシアンや窒素を含んでいるからだ。

 こうした事態を受けて、日本製鉄は原因究明のために関連する排水口の水質測定値の調査に着手した。すると、驚くべき事実が発覚した。

関係機関に「実際よりも低い数値」を報告

 同年6月23日から7月2日にかけて採取した水の水質測定に関して、日本製鉄が不正に手を染めていたのだ。1日に複数回の測定を行って、実際の測定値よりも低い値を関係機関(千葉県や海上保安庁)に報告していた。実測値よりも低い測定値を報告したのは、問題の矮小(わいしょう)化を狙ったためだと思われる。1日に何度も測定した点について日本製鉄は「調査中」だが、都合の良い測定値を得ようとしていたとみられる。

 具体的には、着色水の流出に関連した合計3つの排水口(9番、11番、14番排水口)では、報告値よりも高い測定値が、CODについて8件、T-Nについて7件見つかった。これらのうち、排水基準値を超過したのはそれぞれ7件、6件だった。

 着色水とは別の排水口(7番排水口)では、同じく報告値よりも高い測定値が、シアンについて9件、T-Nについて1件あった。また、これらは全て排水基準値を超過していた。

 こうした不正が明るみに出たことから、日本製鉄は対象を全排水口および全排水溝に広げて、測定値の総点検を開始した。具体的には、次の3つである。

[1]水質汚濁防止法に基づく「全排水口」の水質測定値:過去5年分
[2]千葉県と木更津市、君津市、富津市の4自治体との間で締結された環境保全協定に基づく「全排水溝」の水質測定値:過去3年分
[3]その他の外部の分析会社に発注した水質測定値:過去3年分

 水質汚濁防止法も環境保全協定も測定値を3年分保存するように定めている。これに対し、東日本製鉄所君津地区は、同法に基づく測定値については5年分を保存するように自社ルールを設けているという。

 この総点検で、東日本製鉄所君津地区の水質管理のずさんな実態が明らかになった。