全1903文字
PR

 三菱ふそうトラック・バスは2022年9月7日、小型電気自動車(EV)トラック「eCanter(eキャンター)」の次世代モデルを、2023年春に日本で発売すると発表した。ユーザーの多様な使い方に応えられるように、車両のラインアップを増やした。モジュール式のリチウムイオン電池パックを搭載し、3種類の航続距離を選べるようにした。さらに、先進運転支援システム(ADAS)の機能を拡充し、予防安全性能を強化した。こうした車両の付加価値を高める戦略で、中国や日本の競合メーカーに対抗する(図1)。

「eCanter」の次世代モデル
図1 「eCanter」の次世代モデル
(写真:日経Automotive)
[画像のクリックで拡大表示]

 三菱ふそうは2017年に、現行eCanter(以下、現行車)を発売した。同日に開催したeCanterの次世代モデル(以下、新型車)の発表会で、三菱ふそう社長兼最高経営責任者(CEO)のカール・デッペン氏は、「現行車のユーザーの要望を反映して新型車を開発した。ラストワンマイル配送や拠点間配送などの多くの輸送シーンに対応できる。小型EVトラックの試用段階は終わった」と強調した(図2注1)

注1)新型車を2023年春に日本で発売してから数年以内に、海外(欧州、オーストラリア、ニュージーランド、シンガポール、台湾、香港、インドネシア、チリ)にも展開する。日本の川崎工場で生産して海外に輸出するが、欧州では現地生産も計画する。
カール・デッペン氏
図2 三菱ふそう社長兼CEOのカール・デッペン氏
(写真:日経Automotive)
[画像のクリックで拡大表示]

ラインアップを28車種に増やす

 現行車は車両総質量7.5t(トン)級の小型EVトラックで、車両のラインアップは1車種しかなかった。ホイールベースは3400mmである。容量13.8kWhのリチウムイオン電池パックを6個搭載し、航続距離は約100kmだった。

 これに対して新型車の国内仕様車では、5t級~8t級の4種類を用意した注2)。キャビン(乗員室)の幅も現行車の「広幅」1種類から、「標準幅」「広幅」「拡幅」の3種類に増やした。ホイールベースは2500mm、2800mm、3400mm、3850mm、4750mmの5種類がある。こうした改良によって車種を現行車の1種類から28車種に増やし、ユーザーの多様な用途に対応できるようにした(図3)。

注2)海外仕様車は4t級~8t級を用意し、約80車種を展開する。
新型車のラインアップ
図3 新型車のラインアップ
(出所:三菱ふそう)
[画像のクリックで拡大表示]