全1532文字
PR

 トヨタ自動車が2022年9月に発売した新型「クラウン(クロスオーバー)」(図1、以下、新型クラウン)。その一部として設定されたのが、パワートレーンに「2.5Lシリーズパラレルハイブリッドシステム」を搭載し、駆動方式として電動四輪駆動(4WD)システム「E-Four」を採用するグレードだ(図2)。E-Fourは、以前から存在する同社の電動4WDシステムだが、新型クラウンのそれは、大きく進化していた。

図1 トヨタ自動車の新型クラウン
図1 トヨタ自動車の新型クラウン
試乗した「CROSSOVER G “Advanced”」グレード。パワートレーンには、2.5Lシリーズパラレルハイブリッドシステムを採用し、駆動方式はE-Fourを用いる。(写真:日経クロステック)
[画像のクリックで拡大表示]
図2 2.5Lシリーズパラレルハイブリッドシステム
図2 2.5Lシリーズパラレルハイブリッドシステム
前輪を駆動する排気量2.5Lの直列4気筒ガソリンエンジン「A25A-FXS」(最高出力137kW、最大トルク221N・m)とシリーズパラレル方式のハイブリッドシステム「TOYOTA Hybrid System II(THS II)」(フロントモーターの最高出力88kW、最大トルク202N・m)、および後輪を駆動するリアモーター(最高出力40kW、最大トルク121N・m)を組み合わせる。(写真:トヨタ自動車)
[画像のクリックで拡大表示]

 「従来は低μ路(ミューろ、摩擦係数が低い路面)主体でリアモーターを使っていた。それを高μ路でも使えるところは使うように変えた」(同社クルマ開発センターパワートレーン製品企画部主幹の尾沢 靖氏)。

 すなわち、従来のE-Fourでは低μ路の安定性向上が主目的であり、乾いた舗装路などの高μ路ではリア駆動を使っていなかった。一方、新型クラウンのE-Fourでは、高μ路での発進アシストや、高μ路での低速旋回時のライントレース性を高めるためにリア駆動を積極的に使うように進化させた。例えば、「立体駐車場みたいなところで低速でくねくね曲がりながら走行しているときにリアが押してくれる」(同氏)という。

 高μ路でもリア駆動を使うことで、発進時はリア駆動による押し出し感で車両の加速感を高め、旋回時は前輪主体の駆動で生じやすいアンダーステアを防止することが可能になる。旋回時の駆動力の一部を後輪で受け持てば、前輪の駆動力を減らせる。その分だけ前輪のグリップ力を旋回のための横力発生に振り分けられ回頭性を高められる。

 こうした活用シーンの拡大に加え、新型クラウンのE-Fourでは、同社のSUV(多目的スポーツ車)「RAV4」のE-Fourと比べてリアの駆動力配分を倍くらいに高めている。より大きな出力を出せるバイポーラ型のニッケル水素電池を採用したことで実現できた。リア駆動の効果をより実感できるようにしている。