全4568文字
PR

 2022年9月30日、韓国の首都ソウル市から高速鉄道KTXで約2時間南下した位置にある光州市で、ある新工場の起工式が催された(図1)。固体高分子型燃料電池(PEFC)の世界的なリーダー企業である、英Intelligent Energy(インテリジェント・エナジー、IE)が、地元のスタートアップに自社製品「IE-DRIVE」の製造権をライセンスし、英国外で初となる生産を開始するのである。PEFCは、トヨタ自動車の燃料電池車(FCV)「MIRAI(ミライ)」に搭載されているのと同じ方式の高出力密度・低作動温度が特徴の燃料電池である。

図1 韓国・光州市の位置
図1 韓国・光州市の位置
朝鮮半島南西部の行政区である全羅南道の中心が光州広域市である。人口は約147万人。1980年に軍事独裁政権に抵抗する「光州事件」が起きた地として知られる。現在では、韓国において水素社会の取り組みに熱心な地域の1つ。既にFCバスが市内に導入されているが、今後すべてをFCバスにする計画もあるという(出所:日経クロステック)
[画像のクリックで拡大表示]

 そのスタートアップとは、2016年に創業されたHogreen Air(ホグリーン・エア)というエンジニアリング企業である。同社の出発点はドローン向けのソフトウエア開発だが、以降はIEの燃料電池を搭載したドローンを開発し、政府機関や軍などに販売。現在は、燃料電池システムの応用先の拡大を目指している。

 Hogreen Airが光州市でまず生産を手掛けるのは、1ユニットで出力が100kWのIE製燃料電池スタック「IE-DRIVE HD」(図2)。トラックやバス、定置用電源など主にヘビーデューティー向けの燃料電池である。工場は2023年に完成し、2024年から生産を開始。2030年までに年間5万台、発電量換算で年間5GWの生産量を目標としている。Hogreen Airは生産した燃料電池を利用するシステムを、韓国市場や日本を含むアジア市場で販売する。

 起工式には、両社の関係者のほか、駐韓英国大使館や光州市の関係者などが参列し、4者が水素を活用した社会の実現に協力するという覚書を締結した(図3)。

図2 光州市で生産予定の「IE-DRIVE HD」
図2 光州市で生産予定の「IE-DRIVE HD」
1スタックの出力は100kW。重さは275kg、寸法は幅700mm×奥行き1260mm×高さ520mm。IE-DRIVEにはほかに、FCVなど向けの「IE-DRIVE P100」もある(写真:Intelligent Energy)
[画像のクリックで拡大表示]
図3 起工式の様子
図3 起工式の様子
光州市内の工業団地内にIE-DRIVEを組み立てる工場を建設する。起工式では駐韓英国大使館、光州市、Intelligent Energy 、Hogreen Airの4者が「For the creating of the hydrogen industry ecosystem between British Government and Gwangju Metropolitan City Government」という覚書に署名・締結した。起工式には韓国の国会議員も参加した(写真:Hogreen Air)
[画像のクリックで拡大表示]