全2147文字

 大学生の間でひそかなブームを呼んでいるアプリがある。学生専用SNS(交流サイト)アプリの「Penmark(ペンマーク)」だ。時間割作成から履修管理、出席記録、授業のレビュー、学生同士のSNSまで、大学生活全般をカバーする。

 新型コロナ禍でつながりを断たれた大学生の需要をとらえ、提供開始から3年余りで慶応義塾大学生の8割、関連アプリを含めると全国の大学生の5人に1人にまで普及した。大学生限定SNSが人気の理由とは。

前沢友作氏も注目、時間割を起点にした学生生活支援アプリ

 「大学の授業の情報収集から時間割作成、履修状況や授業の評判の共有まで、プライベートを含めた大学生活全般をサポートする」。運営会社ペンマークの横山直明最高経営責任者(CEO)は、同社サービスの意義をこう説明する。自身も慶大生の横山CEOは、「入学後に入ったサークルに応じて、大学生活に必要な情報へのアクセスのしやすさが異なるという情報格差」(同)に疑問を感じ、2018年12月に学生起業して2019年3月に慶大生限定の時間割アプリを開発し提供開始。1カ月で慶大生の4割が使うまでに普及した。

ペンマーク創業者と知らない友人の慶大生から「このアプリ使いやすいよ」とお薦めされたこともあるという横山CEO
ペンマーク創業者と知らない友人の慶大生から「このアプリ使いやすいよ」とお薦めされたこともあるという横山CEO
(撮影:日経クロステック)
[画像のクリックで拡大表示]

 手応えを感じた横山CEOは2019年秋の資金調達を経て2020年以降、対象の大学を拡大。現在までにPenmarkアプリのMAU(月間利用者数)は12万5000人に増えた。慶大生に限れば8割が利用しているという。2020年12月にはZOZOの創業者で資産家の前沢友作氏が率いる投資ファンド「前沢ファンド」が出資を決め、現在までに累計で10億円を調達した。

学生専用SNS(交流サイト)アプリの「Penmark(ペンマーク)」
学生専用SNS(交流サイト)アプリの「Penmark(ペンマーク)」
(出所:ペンマーク)
[画像のクリックで拡大表示]