全1605文字
 「日本最大級の決済・ポイント経済圏を構築する」。三井住友フィナンシャルグループ(SMFG)常務執行役員の徳田勝之氏は2022年10月3日、カルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)との資本業務提携に関する説明会でこう訴えた。2024年春をめどにCCCの「Tポイント」と、三井住友FG傘下の三井住友カード(SMCC)が展開する「Vポイント」を統合し、新たなブランドを立ち上げる。

 Tポイントの会員数は約7000万人、国内カード最大手であるSMCCの会員は約5200万人で、Vポイント会員は約2000万人に上る。CCC COO(最高執行責任者)特別補佐官の田代誠氏は、「世界1億店舗で使えるVポイントとの提携は、Tポイントの現会員にとって利点が大きい」と話す。新ブランドに併せて、双方のアプリも刷新するとみられる。

SMBCグループとCCCグループにおける業容の概要
SMBCグループとCCCグループにおける業容の概要
(出所:CCCMKホールディングスの資料を基に日経FinTech作成)
[画像のクリックで拡大表示]

 決済・ポイント事業を共同運営するため、CCC傘下のCCCMKホールディングス(HD)株をCCCが6割、SMFGや同グループ会社が4割保有する方向で協議している。SMCC常務執行役員の佐々木丈也氏は、統合により「Tポイントの提示とVポイントが使えるカードでの決済を一括で済ませられるなど、顧客目線での付加価値を提供したい」と語る。

マーケ支援の質を維持できるか

 「双方に利点のある話ではあるが、最適な選択だったかについては疑問が残る」。共通ポイントの動向に詳しい野村総合研究所(NRI)コンサルティング事業本部 CXコンサルティング部グループマネージャーの冨田勝己氏は、SMBCグループとCCCの提携をこう評価する。