全1842文字
PR
今後はリアルタイム性を求める医療機器でGPU採用の増加が見込める(画像:NVIDIA)
今後はリアルタイム性を求める医療機器でGPU採用の増加が見込める(画像:NVIDIA)
[画像のクリックで拡大表示]

 GPUを手掛ける大手半導体メーカー米NVIDIA(エヌビディア)が医療・ヘルスケア分野の開拓に力を入れている。医療機器におけるGPU採用を促すために、GPU上で動作するソフトウエアを開発・利用する環境を整備。その結果、ソフトをアップデートして高機能化や多機能化を実現する「ソフト定義化」の流れが医療機器にも押し寄せている。

 エヌビディアはこれまで、GPUの利用を促すために、各産業で共通して利用する機能のソフトウエアやその開発環境を提供してきた。ヘルスケア分野でも同様の手法を取っている。それが、ヘルスケア分野に向けたAI(人工知能)コンピューティング基盤「NVIDIA Clara(クララ)」である。同基盤を通じて、医療機器や医療画像処理、創薬、ゲノム解析などに向けたソフトウエアやAIモデルについて、開発環境やサンプルを提供している。

内視鏡などで採用進む

 すでにその成果は出てきた。例えば医療機器では、3次元(3D)表示が求められ、画像処理の演算負荷が増えたコンピューター断層撮影装置(CT)を中心に、GPUの採用が広がっている。今後はさらに多くの医療機器でGPUが採用される見込みだ。特に、内視鏡や超音波検査機、手術用ロボットなど、リアルタイムで結果を見ながら操作する医療機器においてソフト定義化の動きが加速しているという。

 GPUが医療機器で広がるのは、演算処理性能が高いうえ、医療機器の販売後もソフトウエアアップデートによって、機能を拡張できるソフト定義化を実現しやすいからだ。加えて、新サービスの開始や新たな法規制への対応なども容易だ。

 医療機器におけるAI利用が増えてきたことも背景にある。AIモデルの開発・学習はGPUを搭載したスーパーコンピューター(スパコン)やクラウドを利用するのが一般的だ。開発したAIモデルを機器で利用するには、同じアーキテクチャーのGPUを採用するのが自然な流れとなる。医療機器でも同様の動きが起きている。