全1499文字
PR

 スクリーン内で、オレンジ色の丸印が3次元(3D)CGの東京タワーをゆっくりと上昇した。丸印は人を示しており、東京タワーのエレベーターに乗って垂直に移動している様子をリアルタイムに表示したのだ。MetCom(メットコム)は2022年11月9日、高さの情報を提供する垂直測位サービス「Pinnacle(ピナクル)」のデモンストレーションを披露した。会見にはMetComの株主である米NextNav(ネクストナビ)、京セラコミュニケーションシステム、ソニーネットワークコミュニケーションズ、セコムなどが参加した。

東京タワーで披露した垂直測位サービス「Pinnacle」のデモ。中央部にあるオレンジ色の丸印が垂直方向に移動していく
東京タワーで披露した垂直測位サービス「Pinnacle」のデモ。中央部にあるオレンジ色の丸印が垂直方向に移動していく
(写真:日経クロステック)
[画像のクリックで拡大表示]

 「人々は都市生活ではほぼ屋内で過ごす。GPS(全地球測位システム)は屋内にいる人の位置情報取得が不得意だ。そこで新たな測位システムを構築する必要がある」。デモとともに開催した会見で、MetComの荒木勤CFO(最高財務責任者)はGPS以外の方法で垂直測位を実施する必要性を訴えた。そこで同社が目を付けたのが、スマートフォンなどの機器に搭載した気圧センサーだ。

 具体的な仕組みは、MetComがあらかじめ設置した複数の気圧計から位置情報と気圧データを収集。ユーザーが所持するスマホから位置情報と気圧データを送信すると、最寄りの気圧計で測定した気圧データと比較して高さを推定する。これによって気候の変化などによる測定誤差の発生を抑えられる。「誤差は2~3mほどだ」(荒木CFO)という。

垂直測位サービス「Pinnacle」の概要
垂直測位サービス「Pinnacle」の概要
(写真:日経クロステック)
[画像のクリックで拡大表示]

 東京タワーのデモでは、東京タワーから数km以内に設置した気圧計から収集したデータが利用された。多くのスマホが気圧センサーを搭載しているので、スマホさえあれば、Pinnacleを利用するために特別なハードウエアを用意する必要はない。

高さ情報を示すスマートフォン
高さ情報を示すスマートフォン
(写真:日経クロステック)
[画像のクリックで拡大表示]

 Pinnacleは2022年10月末にサービス開始。東京・大阪の一部から展開し、2023年に政令指定都市などに提供エリアを広げていく。

関東圏でのサービス提供エリア
関東圏でのサービス提供エリア
(写真:日経クロステック)
[画像のクリックで拡大表示]
関西圏でのサービス提供エリア
関西圏でのサービス提供エリア
(写真:日経クロステック)
[画像のクリックで拡大表示]